ひらひらの仕掛け屋敷

このブログはアニメや特撮、漫画についてのコメントやオリジナル女子格闘技小説を掲載したりしますよ♪♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

彩 Aya 別章 『漆黒の風神』(前編) (宮内ミヤビさんからいただいた小説ですよ♪♪)

  彩 Aya 別章
 『漆黒の風神』(前編) 

 北関東の中核市として栄える街、明野宮市・・・・・・この街に存在する一つの大衆娯楽、ストリートファイト。
 街の大通りや繁華街、駅前ロータリー、公園、資材置き場、バスケットコート、果てはサウンドクラブのダンスホールや廃工場、ゲームセンターなどをリングとして、一対一の喧嘩が展開される。
 ルールは簡単。素手のみならどんな手を使っても相手を倒せば良いだけ。
 どちらかが戦闘不能に陥った時、勝負が決まる。
 フルコンタクトというのも愚かしい試合形式────バーリトゥードの世界だ。
「やぁぁぁぁぁっ!!」

 夜のアーケード街、オリオン通りの中央でスカジャンを着た童顔で小柄な少女が、その容姿とは不釣り合いな烈帛の気合いと共に対戦相手である少女の顎を掌底でかち上げる。
「がふっ───!?」
 長い髪をヘアゴムで束ねた上下トレーニングウェア姿の少女は彩の強烈な一打によって見事なまでに大きく仰け反り、アスファルトの上に大の字になって倒れ込んだ。
「ウィナー、彩ぁ!!」
 立ち会い人の青年が勝者の名を高らかに叫ぶと、既に営業時間を終え、シャッターで閉め切られた店が立ち並ぶアーケード街が二人を囲む群衆の咆哮によって激しく揺らぐ。
「O.K!!」
 この明野宮市で無敗のストリートファイターと呼ばれる少女、美島彩は被っていた黒いアポロキャップを取って真上に投げ飛ばし、勝利の喜びを身体全体で表現していた。
「相変わらず連戦連勝ね」
「当然ですよ~路上は~美島さんのホームグラウンドなのですから~」
 彩の闘いを群衆の中から観戦していた極東空手を使う少女、海堂柚華と明野宮海凰女子学院の生徒会長でムエタイ使いの少女、陽咲ちよりは対戦相手を悉く打ち倒す彩の姿を見て互いに頬を緩ませている。

 かつて彩と壮絶な闘いを繰り広げた彼女達も、戦友の勝利というものは嬉しいのだろう。
 試合と稽古の時以外はポーカーフェイスを崩す事の無い柚華でさえ、今は柔らかな笑みを浮かべていた。
「よーし・・・・・・次、彩とやりたい奴いないか~?」
 先刻の試合の興奮が冷めやらぬ間に、青年が群衆を見回しながら次の対戦相手を探し求めるが、挙手する人間は誰一人としていなかった。
 無理も無い。今日で既に十数人以上もの相手を彩が全て倒してしまったのだから。
 それを見ていれば誰もが尻込みしてしまうのは仕方の無い事である。
 分の悪い喧嘩にわざわざ玉砕覚悟で挑む程の胆力を持つ人間はそういない。
「ほんなら、うちがやってええか?」
 しばらくして、静まり返ってしまった群衆の中から一人の少女が手を挙げると、皆一斉にその少女へと視線を集める。
 艶やかな光沢を放つ黒髪をショートカットに切り揃えた少女は、ジッパーを胸元まで開けたアバクロのトラックジャケットにネイビーカラーのクラッシュデニムパンツ。

 足にはリーボックのスニーカーを履いたスポーティーな格好で、両手には赤黒い血痕や汗が染み付いて変色したバンデージを何重にも巻いていた。
 ガラス細工のように繊細な印象を受けるその手に巻かれたバンデージは、随分と不釣り合いに見える代物だが、相当使い込んでいるのか布地の所々がほつれて痛み、いつ切れてもおかしくない位ぼろぼろになっている。
 年頃は見た目からして十六か十七・・・・・・少なくとも二十歳までは行っていないだろう。
 一六〇センチを越える長身で、ファッション雑誌のモデルとして掲載されても何ら違和感が無い程端正な容姿だが、垂れ掛かる黒い前髪から覗く真紅の瞳は野心に満ちているのか、ぎらぎらとした鈍い光を宿していた。
「あぁ、いいぜ。じゃあ前に出な」
 立ち会い人の青年が意気揚々と手を挙げた少女を中央に来るよう促すと、少女はふっくらとした厚みのある唇を三日月に吊り上げ、地面に落ちたアポロキャップを拾い上げている彩に向かってゆっくりと歩いていく。
 背筋を伸ばして大股で歩くその様は威風堂々としており、端から見ても十分自信に満ち溢れているのが分かった。
 恐らく、相当腕に覚えがあるのだろう・・・・・・そうでなければ先刻の闘いを見ても尚、わざわざこの無敗のストリートファイターに挑むはずが無い。
「・・・・・・ん?」
 柚華は彩の前まで悠然と歩を進めるその少女を見ると、涼しげな印象を受ける切れ長な目を細めて訝しむ。
「ねぇ、ちより・・・・・・」
「何でしょうか~? 海堂さん~」
「あの娘・・・・・・どこかで見た事無い?」
「はい~?」
 柚華の言葉を聞き、相変わらず間延びした口調のまま少女の顔に視線を置いたちよりが優しげな垂れ目を何度も瞬かせて少女の姿を凝視する。
「あぁ~・・・・・・あの方は~中野洋子さんですね~」
「中野・・・・・・洋子!! 何であの娘が!?」 
 ちよりの口から紡がれた名前を聞き、柚華は驚愕の表情を浮かべる。
 中野洋子───かつて女子高生プロボクサーとして彗星の如く現れ、世間を賑わせたものの、デビュー戦の際に対戦相手であり恋人でもある大滝加奈を不慮の事故で再起不能にしてしまい、女子ボクシング界から姿を消した少女。
 その後の消息は、彼女のクラスメイトや地元の友人、家族すらも掴めず行方不明者扱いとして警察に捜索願いも出ていた。

 風の噂では、都内にある地下闘技場で連勝し、賞金を稼ぎ回るバウンティハンターとなっている───という話が一部で流れている。
 かつて華やかな表舞台に立ち、女子格闘技界を賑わせた時の人が何故この路上喧嘩の舞台に現れたのか・・・・・・・・・?
 その答えを知りうる人間は誰もいない。
「アンタがこの街の王者か。噂には聞いとったけど、随分こまいんやなぁ・・・・・・」
 対峙した彩の体躯を見て洋子はわざとらしく驚いたような表情を浮かべるが、直ぐに唇を真一文字に結んでボロ布と呼ぶにもおこがましいバンデージをそっと撫でる。
「うん? こまい・・・・・・ってどういう事?」
 初めて聞く単語に彩は可愛らしく小首を傾げて洋子を見つめた。
「こまいってのは関西の方言で、ちっこいって意味や」
 関西弁特有の語尾が下がるイントネーションで洋子は彩の疑問に答える。
「そうなんだぁ・・・・・・有り難う、勉強になったよ! えっと・・・・・・」
「うちは洋子、中野洋子や。今日は一つよろしくな。無敗のストリートファイターさん」
 言葉に詰まる彩の胸中を察してか、自分の名前を教えると洋子は腰に手を当てて胸を張る。
「うん! よろしくね」

 一歩間違えれば横柄とも取られてしまうような洋子の自信に満ちた態度に対し、彩は無邪気な笑顔で大きく頷く。
「はぁ・・・・・・何や気ぃ抜けるわぁ。ホンマにあの極東の荒武者を倒したんか?」
「はぇ? 柚ちゃんの事知ってるの?」
「あぁ、よう知っとるよ。極東空手の海堂柚華だけやなしにムエタイの陽咲ちより、ボクサーの天嗣朔夜、そして柔道金メダリスト候補の宮城真央・・・・・・みんな高校生やけど有名どころばっかりやからなぁ・・・・・・それが無敗のストリートファイター、美島彩に敗けたっちゅうんは流石のうちでも悪い冗談にしか聞こえへん」
「そうなんだぁ・・・・・・でも、柚ちゃんや真央ちゃん、ちより会長、さっちゃんも皆凄く強かったよ。ボク本当に負けそうになったし、ちより会長には心臓止められそうになってたもん」
「勝負の過程はリアルタイムで見てへんかったからよう知らん。あくまでうちは噂を聞いて知っただけや・・・・・・喧嘩屋が闘技やっとる実力者を悉く打ち倒したって噂をな・・・・・・」
 そこで言葉を区切ると、洋子は両拳を顔の前に持っていき、身体と首を真っ直ぐにしてアップライトスタイルに構えた。
「──だからこそ、うちはその噂が本当かどうかをこの目で確かめる。その為にわざわざ東京からこっちに遠征しに来たんやからな。失望させんといてや」
「うん、分かった・・・・・・じゃあ洋子さん、ボクも全力で行くよ!!」
 構えた状態から鋭い眼光で自分を睨んできた洋子に対し、彩も表情を引き締めてから右手右足を前に出した半身の構える。
「じゃあ二人とも、準備はいいか・・・・・・?」
 対峙する二人の中央に立った立会人が洋子と彩を交互に見据え、闘いの意を確認すると二人はほぼ同時に小さく頷いた。
「じゃあ行くぞ・・・・・・レディ、ゴー!!」
 立ち会い人の声と共に、彩と洋子は互いに上体をリズミカルに揺すり、足を小刻みに動かしながら軽やかなフットワークで徐々に間合いを詰めていく。
「・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・」
 一歩、また一歩と接近する二人は相手の正面に立たないよう、じりじりと側面に回り込む要領で動いていき────洋子が彩の左側に行けば、彩は洋子の右側に移行する────という探り合いが数十秒間に何度も行われていた。
「ふっ!!」
 そして、二人が打撃に於いての射程圏内に入った刹那、彩は僅かな息吐きと共に得意のビルジー・・・・・・目突きを放つ。
「────ッ!!」 
 下方から伸びてきて眼球の前まで差し迫った彩の指先に対し、洋子は絶妙のスウェーでその突きを躱す。
 洋子の構え、アップライトスタイルはクラウチングスタイルとは違って上体を動かしやすいため、防御の際はスウェーなどを使って相手の打撃を躱すのがセオリーだ。
「いきなり目ぇ突きに来るとは・・・・・・さすがに喧嘩のやり方知っとんなぁ」
 両拳をしっかり上げて顔面へのガードを忘れずにスウェーの体勢から上体を戻した洋子は、先制攻撃を外して身体が流れた彩へと間髪入れずに右ストレートを放つ。
「フッ!?」
 ビルジーを楽々と躱され、カウンター気味に来た右ストレートをラプサオという中国拳法独特のディフェンステクニックで洋子のストレートを危なげなく捌き、それと同時に腕を掴んで洋子の身体をコントロールする。
 そして、相手の勢いを殺さぬよう、彩は自分の方に向かってくる洋子の体を手前に引き寄せると鼻と口の間にある急所、人中に狙いを定めて縦拳を放った。
「───ちぃっ!!」
 この状態ではヘッドスリップを使ったとしても彩の縦拳を躱しきれない────そう判断した洋子は、やむを得ず顔に意識を集中させて拳を頬で受けた。
 ゴツッという鈍い音が響き渡るが、打点をずらした上に意識を集中させて打撃を迎え入れた為、さほど痛みは無い。
「はぁっ!!」
 薄いレザーグローブが嵌められた拳を自分の頬に打ち込ませたまま、洋子は彩のこめかみにショートフックを打ち込む。
 パンチの威力を発揮させるには余りにもストロークが足りないが、急所を的確に打てば多少なりともダメージを与える事が出来る。
「うっ!?」
 テンプルに感じる重い拳の衝撃と鈍痛からか、彩は眉間に深い皺を刻んでぐぐもった呻き声を口から漏らし、身体が僅かによろめくが、脚に力を込めてこの衝撃に耐える。
「くぅっ・・・・・・」
「うぅっ・・・・・・」
 ファーストコンタクトの打撃はパワーで勝る洋子が押しているものの、彩も負けてはいない。
 互いの拳を頬とこめかみにめり込ませたままの状態から二人は素早く自分の拳を引き戻し、瞬時にバックステップで後方へと飛び退くと再び元の間合いへと戻った。
「そのちっこい身体でようやるわ・・・・・・スピード、テクニックはウチが太鼓判押したる。けどな・・・・・・パワーが足りひんで!! 彩ちゃん!!」
 すかさず洋子はローラーブレードでも履いているかのような滑らかな足捌きで間合いを詰め、スナップを効かせた鋭いローキックを放つ。
「あぐっ!?」
 倒すためのローではないが、身長もウェイトも圧倒的に優位に立つ洋子にしてみれば、小柄な彩に十分なダメージを与える事は可能だ。

 洋子の足先が彩の大腿にぶつけられると、デニムスカートから伸びた細足が浮き上がって片足立ちになり、傾いた案山子のように不恰好な体勢になってバランスを崩してしまう。
 洋子にしてみればあくまで牽制の為に放った軽いローキックだが、ウエイトが二〇キロ以上も違う彩にとってそれは、足払いのような感覚を受けているはずだ。
彩 Aya 別章 『漆黒の風神』(前編) (宮内ミヤビさんからいただいた小説ですよ♪♪)…の続きを読む
スポンサーサイト
頂き物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。