ひらひらの仕掛け屋敷

このブログはアニメや特撮、漫画についてのコメントやオリジナル女子格闘技小説を掲載したりしますよ♪♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第1回月娘トーナメント 第1回戦 第5試合 ジェシカ・レッドストーンVSマレーネ・ハルトマン

第1回月娘トーナメント 第1回戦 第5試合 ジェシカ・レッドストーンVSマレーネ・ハルトマン


第1回月娘トーナメント 第1回戦 第5試合は外国人同士の試合となる。
赤コーナーにいるジェシカ・レッドストーンはフットワークを巧みに駆使し、デトロイトスタイルから相手を仕留めるテクニシャンであり、対する青コーナーにいるマレーネ・ハルトマンはリングを縦横無尽に動き回り、鋭いジャブとストレートで相手を翻弄し、時に相手の懐に潜り込んで強烈なボディブローを叩き込むアウトボクサーである。
今回の試合はテクニックに覚えのある二人の試合なので観客もどちらが勝つか予想できず、盛り上がっていく。

「(同じような闘い方をするマレーネさんには絶対に負けられない! 私のパンチで必ずKOしてやるんだ!!)」

ジェシカは反対側のコーナーにいるマレーネを若干睨みながら気合いを入れていく。

「(必ず勝つ! 私のボクシングは騎士の誇り・・・ 私の誇りに懸けてジェシカさんを倒す!)」

一方、青コーナーにいるマレーネも反対側のコーナーにいるジェシカを見ながら自身の闘志を高めていく。
レフェリーに呼ばれ、二人はリング中央で対峙する。
二人は闘志溢れる視線を相手にぶつけながらレフェリーの注意を聞いていく。
そして、マレーネとジェシカはレフェリーの注意が終わると何も言わずに自身のコーナーに戻っていく。

赤コーナーに戻ったジェシカはオーナーから1ラウンド目の指示を受けていく。

「ジェシカ、ハルトマンはお前と同じような闘い方をするのは分かってるな?」
「はい、オーナー。 私はどうすれば?」

ジェシカの言葉にオーナーは迷わず答えていく。

「俺はお前が納得できるような作戦は思いつかねぇ・・・ だから、お前のやり方で流れを掴んでこい」
「分かりました、オーナー! 私、やります!!」

ジェシカはオーナーの言葉に力強く返事をし、試合に向けて高ぶった精神を抑えようとしていく。

青コーナーに戻ったマレーネはコーチから指示を受けていく。

「マレーネ、君は僕の生徒の中でも特に優秀だ」
「はい」

マレーネのコーチは自身が指導しているボクサーを『生徒』と呼んでおり、マレーネはその中でも信頼すらされているほどである。

「相手は君と同じアウトボクサーだ。 だから、1ラウンド目でどれだけ相手のペースを崩せるかが重要だ」
「はい!」
「だから、1ラウンド目はジャブやストレートを多用しつつ、狙えるなら君の得意なボディブローを叩き込んでやるんだ」

マレーネはコーチの言葉に頷くと立ち上がり、身体を温めていく。

第1ラウンド開始のゴングとともにマレーネとジェシカはゆっくりと相手との距離を測るように動いていく。
そして、相手の動きを牽制するようにジャブを連打していく。
だが、お互いにウィービングやパリングなどのデフェンステクニックを駆使して相手にペースを握らせないようにしていく。
しかし、マレーネは時折、ジェシカの懐に潜り込もうとしてはジェシカの左フックや右アッパーなどで牽制されてしまい、攻めあぐねている。

「くぅっ・・・ (マレーネさん、すごくしつこい・・・ けど、そのしつこさのおかげで狙いは分かった・・・ 後はうまくやるだけだ・・・)」
「まだまだ! (ジェシカさん、全然私の距離に入らせてくれない・・・ でも、ずっと逃げ続けるなんて無理だもの・・・ そろそろ決まるはずだわ・・・)」

二人は今の少し膠着した状態に自分の希望的観測を乗せた思惑を持っている。
しかし、二人は膠着状態を打破しようと次々にパンチを出していくが闘い方が似ている上にテクニックまでもが同等であるため、なかなかうまくいかない。
そうしている内に1ラウンド終了のゴングが鳴らされた。

赤コーナーに戻ったジェシカからマウスピースを受け取ったオーナーはセコンドの一人にそれを渡すと自分はジェシカの表情や傷の有無を確認し、試合に影響するような傷がまだないことに安心し、次のラウンドに向けた作戦を伝えていく。

「ジェシカ、ハルトマンとお前はまだまだ五分五分の状態だ。だからこそ、試合の流れを変える必要がある。分かるな?」
「はい、分かります・・・」

ジェシカは少し疲労感を感じているがそれでも気丈に振る舞い、オーナーの作戦に耳を傾ける。

「今の流れを変えるにはこのままミドルレンジでのジャブの刺し合いをしていても無駄に疲弊するだけだ。 だから、インファイトに持ち込んでハルトマンを圧倒してやるんだ」
「はい!」
「お前ならやれる! お前のパンチ力はハルトマンに勝ってる!!」
「はい!!」

ジェシカとオーナーはお互いに強い口調で話している。

一方、青コーナーのマレーネはセコンドにマウスピースを洗ってもらったり身体を拭いてもらったりしながらコーチの指示を聞いている。

「マレーネ、さっきのラウンドはよかったよ。 彼女とマレーネのポイント差はほとんどないに等しい。 まだまだ試合をコントロールできる」
「はい・・・」

マレーネはコーチの言葉を嬉しく感じたが自分としては先程のラウンドはジェシカに取られたと思っているため、素直に頷くことができないでいる。

「マレーネが勝つためにはどうしてもボディブローを彼女に叩き込む必要がある」
「はい」
「だから、次のラウンドは君らしくはないと思うだろうがインファイトに持ち込んでボディブローを叩き込んでくるしかないよ」

マレーネはコーチの言葉に静かに首を縦に振る。
コーチはいつもマレーネが欲しい言葉を、作戦を与えてくれるから信頼しているのである。

「さぁ、そろそろ次のラウンドが始まるよ。 マレーネ、君は君を信じて闘えばいいからね」

コーチはそう言うとマレーネの頭を優しく撫でていく。
マレーネは少し照れたような表情で撫でられている。
そして、2ラウンド開始のゴングが鳴るとマレーネとジェシカはまるで示し合わせたかのように相手との距離を一気に詰めていく。
それもそのはずで、二人とも信頼する人からこのラウンドはインファイトで行くように指示されたのだ。
それを実行しようとするのは当然のことだろう。
そして、二人の距離がゼロになり、マレーネとジェシカはお互いのパンチを叩き込んでいく。
ジェシカが右ストレートをマレーネの顔に叩き込めば、マレーネは左アッパーをジェシカのボディに叩き込んでいく。
お互いに相手のパンチをもらい、口から唾液を吐き出してしまうが手を止めようとはしない。
しかし、ジェシカの放つパンチが徐々にマレーネに当たらなくなってきている。

「くっ・・・ (何で当たらないの!?)」
「(ふふ・・・ パンチが当たらなくて焦ってるみたいだね・・・)」

ジェシカの焦りが表情に浮かぶとマレーネは自分の思惑通りに試合運びができていることにほくそ笑んだ。
別にマレーネがすごいわけではない。
こつこつとジェシカのボディや脇腹にパンチを叩き込むことで徐々にジェシカのスタミナを奪い、ダメージを積み重ねているのだ。
その結果、いつも通りに闘えないで多少イライラしているジェシカの動きの精細さがさらに失われているのである。

「このぉ!!」

ジェシカが自分の思い通りに試合を動かせないことにイラつき、大きく振りかぶった右ストレートを放とうとしたのを見たマレーネはカウンターのチャンスが来たことを理解し、冷静にジェシカの動きを観察していく。
そして、大振りの右ストレートを放つジェシカとの距離を一気に詰めながらそのストレートをかわし、ジェシカの鳩尾にカウンターの右アッパーを叩き込んだ。

「ごへぇ・・・」

ジェシカの口から胃液とマウスピースがこぼれ落ちていく。
ジェシカ自身のパンチ力とマレーネのパンチ力が合わさった衝撃が鍛えようのない人間の急所の一つ、鳩尾に突き刺さったのだから堪ったものではないだろう。
それを証明するようにジェシカの身体が前のめりにリングの上に崩れ落ちた。

「ダ、ダウン! 下がって!!」

一瞬、思考の止まったレフェリーだが次の瞬間にはマレーネをニュートラルコーナーに向かわせるとダウンしたジェシカの様子を確認し、カウントを取っていく。

「1・・・ 2・・・ 3・・・」

レフェリーのカウントにジェシカは慌てて立ち上がろうとするがオーナーの日ごろの言葉を思い出し、ゆっくり身体を休め、少しでもダメージを抜こうとする。
マレーネはそんなジェシカの様子に動揺することなく、冷静に様子を見ていく。

「7・・・ エイ・・・」

ジェシカはカウント8で立ち上がり、レフェリーに試合を続けられるとアピールしていく。
レフェリーはジェシカのグローブを持ち、押したりすることでジェシカの様子を確認していく。

「ファイト!」

レフェリーが試合を再開させるとマレーネは落ち着いてジェシカとの一定の距離を保ちながらジャブを連打して、ジェシカを牽制していく。
ジェシカはこのラウンド中にマレーネをダウンさせたいと考えているのか、多少無茶な試合運びになりつつある。
KOを狙い、大振りになっているジェシカのパンチをダッキングやパリング、ウィービングといったディフェンステクニックを余すことなく披露しながらマレーネは的確にジェシカの顔にジャブを当てていく。
マレーネのジャブにジェシカの口からは唾液と血が飛び散っていく。

「(今だ!) はっ!」

マレーネはジェシカが仰け反った隙にまた懐に入り込むとこの試合二度目のボディブローをジェシカのボディに叩き込んだ。
ダメージのせいで力が入らなくなった腹筋は鎧の役目を果たせず、マレーネの拳を受け入れてしまった。
マレーネの手首までめり込んだかのような一撃にジェシカは血反吐を吐き、そのままリングに崩れ落ちた。

「うげぇ・・・ えぶぅ・・・ がはっ・・・」

ダウンの衝撃にジェシカはさらに血反吐を吐き出し、自身の吐き出した血反吐の海に沈んだ。
レフェリーはジェシカの様子を確認してから試合を終了させた。
ジェシカは白目を剥き、意識が飛んでしまっているのか、痙攣している。
そして、ほどなくして股間から黄金色の液体がこぼれていった。

「し、勝者、マレーネ!!」

ジェシカの無惨な姿をバックにマレーネが勝ち名乗りを上げていく。
それは勝者と敗者のコントラストを明確に分けていた。

マレーネはこの先、どこまで行けるのだろうか?


第1回月娘トーナメント 第1回戦 第5試合 ジェシカ・レッドストーンVSマレーネ・ハルトマン
勝者 マレーネ・ハルトマン
2ラウンド1分40秒
フィニッシュブロー ボディブロー

あとがき

相変わらずの短さですがお楽しみいただければ幸いです♪♪
次回の試合はまだ決めてないのでご希望があれば拍手やコメント、メールなどで教えてください♪♪

それでは♪♪
スポンサーサイト
月娘トーナメント | コメント:2 | トラックバック:0 |

第8回アンケートファイト 高町なのはVS高町ヴィヴィオ

第8回アンケートファイト 高町なのはVS高町ヴィヴィオ

なのははヴィヴィオと一緒にご飯を食べながらある話題について話していた。

「教導隊でストライクアーツの専門課程を作ろうとしてるの?」
「うん、そうなんだよね。なんでも、魔力や魔法に依存したままじゃダメだって上層部が言ってるらしいんだ」

数年前に起こったJS事件を受け、管理局の内部でも今の魔法に依存した戦略や戦術だけでは駄目だといい意見が増え、様々なものに目を向け始めた。
なのはとしてはそういった一連の流れに賛成しており、今から話そうとしていることもその一環なのだ。

「それでなのはママ、今から話すこともそれと関係あるの?」
「うん・・・ ヴィヴィオ、ママと格闘技で試合してって言われたらどうする?」

ヴィヴィオはなのはの言葉に少し悩んでから答えを出した。

「なのはママがふざけてそんなこと言ってるなら怒るけど、今は真剣な話なんでしょ?」
「うん・・・」
「だったら、やるよ・・・ でも、何でわたしなの? スバルさんとかギンガさん、ノーヴェがいるでしょ??」

なのははヴィヴィオの問いかけに答えていく。

「ヴィヴィオの言う通りなんだけどスバルは防災関係のイベントだしギンガは捜査が立て込んでるしノーヴェもその日用事があるって言うんだ。それにね、みんながオッケーって言ってももうひとつの理由でダメなんだよね・・・」
「もうひとつの理由?」

ヴィヴィオはなのはの言葉に首を傾げる。

「うん。ヴィヴィオにこんなこと頼んでるのはヴィヴィオの魔法が理由なの」
「もしかして、大人モードのこと?」

なのははヴィヴィオの言葉に頷いていく。
ヴィヴィオの言う大人モードとは魔法や格闘技の訓練の時に変身魔法を使い、10代後半くらいの女性の姿になるヴィヴィオの得意な魔法の一つである。

「それでね、教導隊の中にも身長にコンプレックスを持っている人がいてずっと変身魔法を使ってる人がいるんだよ」
「えっと、つまり、その人に変身魔法を使いながら戦うってことがどういうことかをその目で見せて教えるっていうこと?」
「ヴィヴィオ、正解。 だから、ヴィヴィオがそんなことに魔法を使いたくないなら別に止めてもいいし」

なのはの言葉にヴィヴィオはため息を吐きながら答えていく。

「そんな事情ならわたしがやった方がいいんだよね?」
「うん・・・」
「なら、わたし、やるよ! それでなのはママに勝つもん!!」

ヴィヴィオの言葉になのはは少し感心したように見つめると言葉を返していく。

「やる気満々だね、ヴィヴィオ」
「もちろん!」

なのははヴィヴィオの元気のいい言葉に笑顔を浮かべながら試合のルール、日程を空間モニターに映して見せる。

「ママ、今すぐ試合じゃないの?」
「うん。 だって、ヴィヴィオたちはインターミドルがあるしママはヴィヴィオとちゃんと闘うためにストライクアーツを練習しなきゃいけないから」

なのはは試合の日程についてヴィヴィオに説明していく。
インターミドルとはDSAA(ディメンジョン・スポーツ・アクティビティ・アソシエーション)という団体が主催する次元世界最強の10代の魔導師を決めるためのものである。
ヴィヴィオが友人たちとともにその大会に出るのはなのはも知っているため、自分との公開試合を大会が終わってからに設定したのだ。
もっとも、自身がストライクアーツを習得するための時間を伸ばすという考えもあるようだ。

「そっか・・・ なのはママ、ありがと。 ヴィヴィオのこと、ちゃんと考えてくれて」
「もちろん! ママだもん!!」

なのはがそう言うとヴィヴィオは甘えるように抱きついた。

インターミドルチャンピオンシップが終わってから2ヶ月くらい経ったこの日、時空管理局の武装隊と教導隊が協力して設営したリングの中にセコンドを伴ったヴィヴィオとなのはが上がっている。

「うぅっ・・・ (何で、こんなに知り合いが来てるのぉ? 恥ずかしいよぉ・・・)」

ヴィヴィオはリングに上がってから初めて観客席を見回したのだが観客席にはたくさんの局員がいる。
さらに、ウェンディやチンク、ディエチといったナカジマ家の面々やセイン、ディードやオットーといった教会組の面々なども観戦に来ている。
ヴィヴィオは大勢の局員の視線や友人や知人の観戦に少し恥ずかしそうにしている。

「ヴィヴィオ、恥ずかしがってる余裕なんてあるの? ママ、本気だよ・・・」

ヴィヴィオはなのはの鋭い視線と言葉に気を引き締めていく。
ヴィヴィオとなのははそれぞれ自分のコーナーに戻っていく。

ヴィヴィオのセコンドには親友のコロナとリオ、先輩であり共に武術や魔法を高めあう仲間のアインハルトが就いている。
先程のなのはの気迫に当てられ、少し緊張しているヴィヴィオをなんとか励まそうとリオとコロナがヴィヴィオに話しかけているのを見ながらアインハルトはなのはの戦い方について考えていた。

「(ヴィヴィオさんのお母様は砲撃魔導師、つまり、格闘戦技は極めていないはず・・・ けれど、ヴィヴィオさんの話ではお母様はIMCSの期間中に格闘戦技の訓練をされたとか・・・ まずは、様子を見てから・・・)」

アインハルトは自分の考えがまとまるとヴィヴィオにそれを話していく。

「ヴィヴィオさん」
「何ですか、アインハルトさん?」
「このラウンドはまず様子を見てください。 私にもお母様がどのような戦い方をするのか、読めないので・・・」

ヴィヴィオはアインハルトが言わんとしたことを悟り、安心させようと笑みを浮かべていく。

「ありがとうございます、アインハルトさん。 ヴィヴィオ、頑張りますよ!」
「はい、頑張ってください」

アインハルトの言葉にヴィヴィオが嬉しそうに頷くのを見ながらコロナとリオも笑顔を浮かべている。

一方、なのはのコーナーではスツールに座ったなのはが少し落ち着かない様子でもじもじしている。
娘との試合で緊張や不安があるのもそうだが知り合いの視線に恥ずかしくなっているのである。

「なのは、ヴィヴィオにあんなこと言ったのになのはが緊張しちゃってるよ」
「だって、フェイトちゃ~ん・・・ ヴィヴィオと殴りあうんだよ・・・ それもあんなたくさんの人の前で・・・」

フェイトと話すなのはの様子を見ながらはやてはなのはの体調チェックを済ませていく。

「まぁ、そんな緊張しとったらあっという間にヴィヴィオにKOされてまうで」
「それはないよ、はやてちゃん。 そういうルールなんだから」

なのはの言う通り、この試合はDSAA公式ルールを参考に自分たちにある程度のライフポイントを自動設定し、ダメージはクラッシュエミュレートで再現されるように設定している。
つまり、一撃でKOされるということはない。
これは、あくまでこの試合はストライクアーツ導入のためのエキシビションであり、変身魔法使用者へのアドバイスを兼ねたものであるからである。

「なのはの言う通りだけどね。 でも、ヴィヴィオはすっごく強くなってるんだよ。 油断してたら・・・」
「分かってるよ、フェイトちゃん・・・ 油断はしない・・・ たとえ、ヴィヴィオが相手でも試合や模擬戦なら負けたくないもん」

なのはの言葉にフェイトもはやても苦笑いを浮かべていく。
なのはは相変わらず負けず嫌いなんだと二人は改めて実感した。

試合開始の時間になり、それぞれのセコンドがリングから降りるとヴィヴィオとなのはの表情が引き締まっていく。

『さぁ、いよいよ始まります、高町なのは一等空尉とその娘の高町ヴィヴィオ司書のストライクアーツでの模擬戦ですが解説役の八神捜査司令はどう考えておられますか?』
『そうやねぇ・・・ 私は高町司書が勝つって思ってるよ』

リングサイドには実況席があり、そこで実況役の武装隊広報部のセレナ・アールズと解説役の本局海上警備部捜査司令の八神はやてがいる。
しかし、二人とも今回の試合の解説および実況をわりと気楽な仕事と捉えており、堅苦しくするつもりはないようだ。
今回の試合でははやてはなのはのセコンドと試合の解説を兼任するつもりでいるようだ。

『それはどうしてでしょうか、八神捜査司令』
『だってな、高町一尉が半年間かけてトレーニングを積んだとしても高町司書とは年季がちゃうやろ?』

はやての言葉にセレナは頷きつつ試合開始の時を待つ。

そして、いよいよ試合開始のゴング(擬似的に再現したもの)が鳴り、なのはとヴィヴィオは慎重に距離を計っていく。
ヴィヴィオはなのはが半年間かけてストライクアーツを特訓したことに多少なりとも警戒しており、なのはもIMCSを通して磨きがかかったヴィヴィオの実力を評価しているからこそ慎重になっている。

「来ないの、ヴィヴィオ・・・」
「なのはママこそ・・・」

二人は相手を挑発しながら少しずつ距離を縮めていく。
しかし、まだ一発も打撃を放っていない試合の状況に観戦している局員たちにもプレッシャーを与えている。

「(さすがにノーヴェの指導は徹底してるなぁ・・・ 誘いにも乗ってこないし・・・ こっちから行くしかないかな)」
「(なのはママに何ヵ月も練習する時間を上げたのはまずかったよね・・・ けど、罠があるなら叩き潰すまでだよ!)」

ヴィヴィオはいつまでもじっとしてられないと決心するとなのはとの距離を一気に詰め、様子見の右ストレートを繰り出していく。
なのははヴィヴィオの右ストレートを両腕でしっかりガードすると鋭い前蹴りをヴィヴィオのボディに当てて、後退させていく。

「ぐっ・・・ (やっぱり、なのはママはすごい・・・ たった数ヵ月でここまで強くなるなんて・・・)」

ヴィヴィオはなのはの前蹴りを受けて、なのはのポテンシャルと学習能力の高さに少しばかりの羨ましさを感じてしまった。
そして、それがヴィヴィオの闘志の起爆剤になった。

「行くよ、ママ!」

ヴィヴィオはそう言うと上体を左右に動かしながらなのはとの距離を詰めていく。
なのはは自分との距離を詰めてくるヴィヴィオにジャブを連打することで突き放そうとするがヴィヴィオはそれらのジャブをかわしながらなのはの懐に飛び込んだ。
そして、なのはの脇腹に突き刺すような左フックを叩き込んでいく。

「ぐっ・・・」

なのはの口からわずかな息と唾液、呻き声が漏れる。
しかし、すぐにフットワークを駆使してヴィヴィオの追撃を阻止していく。
ヴィヴィオはなのはに体勢を整えさせるつもりはないのか、一気に距離を詰め、ラッシュをかけようとしていく。

「逃がさないよ、なのはママ!」
「逃がさせてもらうよ、ヴィヴィオ」

なのはの言葉とともに1ラウンド終了のゴングが鳴り響いた。
ヴィヴィオはゴングの音を聞き、なのはに向けて放とうとしていた拳を止めた。

「惜しかったね、ヴィヴィオ」
「む~~!」

ヴィヴィオはなのはにいいようにあしらわれたのが気にいらないのか、少しむくれたような表情になっている。
しかし、気を取り直すと自身のコーナーへ戻っていった。

「(やっぱり、ヴィヴィオは強いなぁ・・・ 油断してたらあっさり負けそう・・・ けど、ママも少しは意地張らせてもらうよ)」

なのはは自身のコーナーに戻っていくヴィヴィオを見ながらそんなことを考えてから自身のコーナーに戻った。
第8回アンケートファイト 高町なのはVS高町ヴィヴィオ…の続きを読む
アンケートファイト | コメント:1 | トラックバック:1 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。