ひらひらの仕掛け屋敷

このブログはアニメや特撮、漫画についてのコメントやオリジナル女子格闘技小説を掲載したりしますよ♪♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第1回月娘トーナメント 第1回戦 第1試合 池澤美鈴 VS クリス如月

第1回月娘トーナメント 第1回戦 第1試合 池澤美鈴 VS クリス如月

今回の月娘トーナメントはゲストを4人招いて16人で王座を争うシステムになっている。
そして、第1回戦 1試合目はパンチ力に自信を持ち、インファイトを得意とする池澤美鈴と発展途上ではあるがオールラウンドスタイルのボクシングをこなすクリス如月の試合である。
赤コーナーには池澤が、青コーナーにはクリスがいる。
レフェリーが二人をリング中央に呼ぶ。

「今日はよろしくお願いします、池澤さん」
「こっちこそよろしくね、クリスさん。 負けないよ」

お互いが睨み合いながらレフェリーの注意を聞いていると、注意が終わったのか、レフェリーが二人に自分のコーナーに帰るように指示を出していく。

試合開始のゴングが鳴ると、クリスはジャブを放ちながら池澤の周りを回っていく。
しかし、池澤はなんとかガードしながらクリスを視線で追っていく。
クリスはジャブから接近していき、右フックを美鈴の脇腹に打ち込んでいく。
美鈴もクリスが接近してくると左右のフックやストレートをクリスの顔面に叩き込んでいく。
二人の口からは早くも唾液が飛び出していく。

「かはぁ・・・  あぐぅ・・・ やりますね、美鈴さん・・・」
「がはぁ・・・ ぶぐぅ・・・ クリスさんこそやるね! けど、隙が大きいよ!!」

美鈴はそう言うとガードが空いたクリスの左頬に強烈な右フックを叩き込んでいく。
クリスは美鈴の右フックで身体が横に流れてしまい、さらに追撃の左フックを食らってしまう。
そして、クリスはダウンしてしまった。
クリスはダメージをもらってないとアピールしたいのか、すぐに立ち上がろうとする。
しかし、フックをもらい頭が揺れているのか、立ち上がれない。

「5・・・ 6・・・ 7・・・ エイ・・・」

クリスはカウント8で立ち上がり、レフェリーにファイティングポーズを取って見せる。

「クリス、まだやれるか?」
「やれます! 効いてません!!」

レフェリーはクリスの言葉に試合を再開していく。
美鈴は一気にクリスを仕留めようと左右のフックでラッシュをかけていく。
しかし、ここで1ラウンド終了のゴングが鳴り響く。
クリスをダウンさせた美鈴は意気揚揚と自分のコーナーに戻り、ダウンを奪われたクリスは少し苦しそうに戻っていく。

2ラウンドが始まると美鈴は駆け出し、一気にクリスとの距離を詰めていく。
そして、左右のストレートやフックをクリスのガードを潜り抜け、顔やボディ、脇腹に打ち込んでいく。
しかし、美鈴が一瞬大振りになったところをカウンターの右ショートアッパーで美鈴の顎を抉っていく。

「よし、このまま一気にK・・・ うそっ!  がはぁ!!」
「やった・・・ このままダウンさせます!!」

クリスはショートアッパーで美鈴を怯ませるとさらに左右のフックやストレートで攻めていく。
そして、今度は右アッパーを美鈴のボディーに叩き込んでいく。
美鈴はクリスのボディブローをもらって、耐えきれずに口から唾液を吐き出していく。
しかし、ダウンせずに、クリスのボディにお返しの左アッパーを打ち込んでいく。

「このぉ! いい加減ダウンしてよ!!」
「美鈴さんこそいい加減ダウンしてください!!」

二人は打ち合いになるが、美鈴のパンチ力にクリスはダメージが積み重なり、苦しくなっていく。
美鈴の左右のストレートを鼻と顎にもらってしまい、クリスは再びダウンしてしまう。
しかも、仰向けにダウンしてしまっている上に口からは血混じりの唾液が流れて、吐き出してしまった
マウスピースにはそれらがべっとりと付いてしまっている。
レフェリーがカウントを始めるが苦しそうに息をしていて、立ち上がる気配を見せない。
しかし、カウント9でなんとか立ち上がってくるがもう殆どグロッキーな状態である。
試合が再開されると美鈴はまた左右のパンチでラッシュをかけていく。
クリスはダメージのせいで、美鈴のパンチをかわすことができなくなっている。
そして、必死でガードしている腕も徐々に下がってしまい、美鈴のフックやストレートがクリスの顔面
に叩き込まれてしまう。
そして、完全に棒立ち状態になったクリスの左頬に美鈴の最も得意とする右フックが叩き込まれていく。
クリスは美鈴のフックを食らって、大の字にダウンしてしまう。
しかも、意識が飛んでしまっている。
レフェリーは両腕を交差させると試合を終了させる。
やがて、担架に乗せられたクリスが意識を取り戻したのを見て、美鈴はクリスのところへ行く。

「クリスさん・・・ あのっ・・・」
「強かったですよ、美鈴さん・・・ 優勝してくださいね」

クリスがそう言うと美鈴の目から涙が落ちる。

「うん・・・ 絶対に優勝するよ! またやろうね!!」
「はい。 今度は負けませんよ」

クリスはそう言うと美鈴の手を握りしめた。

第1回 月娘トーナメント 1回戦 第1試合はこうして終わった。


第1試合
クリス如月 VS 池澤美鈴
勝者: 池澤美鈴
2ラウンド 1分15秒 KO
フィニッシュブロー: 右フック



あとがき

今回は裏1103さんの月娘さん達を勝手にお借りして小説を書きました。
もし、駄目なら裏1103さん本人がコメントしていただいたらすぐにでも削除しますので・・・

また読んでくださった方々の感想もお待ちしてますよ♪♪
次回があれば、どの組み合わせにしようかな?
それでは、お楽しみに~
スポンサーサイト

月娘トーナメント | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<仮面ライダーキバ 第18話「カルテット 心の声を聞け」感想 | HOME | Blood Of Mouth Piece Fight-2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。