ひらひらの仕掛け屋敷

このブログはアニメや特撮、漫画についてのコメントやオリジナル女子格闘技小説を掲載したりしますよ♪♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スーパーヒーロー作戦 NEW MISSION IF (リリカルなのはStrikers Another Story) 第一話 「異なる歴史の中で」 Part-A & 第二話 「異なる歴史の中で」 Part-B



スーパーヒーロー作戦 NEW MISSION IF (リリカルなのはStrikers Another Story) 第一話 「異なる歴史の中で」 Part-A


新暦0075年 3月26日、 始動前の機動六課を見下ろすビルの屋上に二人の人間がいた。

「トライバル・エンド、この時間を消せばいいのか?」
「そう・・・ この時間を消滅させればわたしの計画の一部が実現するのです・・・」

トライバル・エンドと話しているのはカイである。
カイは以前、自分達の時間を手に入れようとイマジンを使って暗躍した。

「後は何ヵ所かの時間を消せば完璧ですよ・・・ そうすれば、わたしの欲しいものが手に入る・・・」

トライバル・エンドの野望が静かに動き出した。


 Side はやて

2017年3月26日、ガイアセイバーズ本部である日本支部関東支部の基地の応接室でうちは天道くんと話している。

「しかし、天道くんとこうして話すと落ち着くなぁ・・・」
「久しぶりに会ったというのにずいぶんな言い様だな。 部隊を持ってみてどうだった?」
「あはは・・・ なんや自信なくしてもうたわ・・・ いろいろあってな・・・」

うちは苦笑しながらも天道くんの質問に答えていく。

「けど、誰も死んでないんだろ? なら、いいじゃないか・・・」
「天道くん、やっぱりあの時のこと、気にしとったんやな・・・」

うちの言う『あの時』とは天道くんがガイアセイバーズの総監になった時に部下を大勢死なせてしまったことである。

「まぁ、俺のことはあまり気にするな。 これからどうするつもりだ? 俺としてはそれが心配だな」
「わたしは天道くんに心配してもらう程やわやないよ。 せやけど、嬉しいわ・・・ 天道くん、最近丸くなったんとちゃう?」
「あんまり大人をからかうもんじゃないぞ、はやて。 お茶のおかわりでもするか?」
「うん、もらうわ。 天道くんの淹れてくれるお茶は格別やからな」

天道くんはうちの言葉を聞いて、応接室を後にした。

天道くんに悩みをばらすつもりはなかったのにやっぱりばれてもうた。
けど、やんわりとはぐらかしてくれたんは嬉しいなぁ・・・

「せやけど、天道くんがあんなに丸いと気持ち悪いなぁ・・・ あっ、このタルト美味しいわ・・・」

天道くんの作ったレアチーズタルトは相変わらず美味しいわ・・・
後で作り方を教えてもらわんとな・・・
あれっ・・・ 何かわたしの身体が消えてる?
何で!? 何が起こってるんや!!?
助けて、天道くん!!

SIDE 天道

はやてに頼まれてお茶のおかわりを用意しに行く間、少し考え事をしていた。

「(はやての奴、どんどん大きくなっていくな・・・  樹花みたいに巣立つ日が来るのか。 少し寂しいな・・・)」

俺は最近、自分の周りから巣立っていく知り合いを見ると寂しくなるようだ。俺は考えるのをやめて、はやてに頼まれた紅茶を淹れる。

「はやてもだいぶ疲れていたみたいだからミルクティーでも淹れてやるか・・・」

ミルクティーを淹れて応接室に戻るとはやてがいなくなっていた。
俺は慌ててはやてを探すがどこにもいない。
ガイアセイバーズの受付係にも聞いてみるが、「今日は来ていない」と返されてしまった。

「(どういう事だ・・・ 確かにはやてと話していた。 なのに、どうして誰もはやての事を認識していない?)」

俺は事の真相を考えながら歩いていると焦った様子の野上をやって来た。

「どうした、野上。 そんなに焦っているが何かあったのか?」
「それが突然リインちゃんが消えてしまって・・・」
野上が話した内容は以下の通りだ。

リインフォースⅡが最近来たユニゾンデバイスでもあるアギトに自分の居場所を取られているような気がしているという話を聞いていたらしい。
似たような経験のある野上のイマジン、モモタロスは自分の想いを語っていたらしい。
その時にリインフォースⅡが消えたらしい。

「野上、この現象はいつかのあれか。 はやて達の時間が消されたってことか?」
「間違いないはずだよ。 たぶん、あの仮面男のしわざだろうし」

仮面男とはトライバル・エンドのことだ。

「というより、お前はウラタロスか? まぁ、それは別にいいとして、奴らの狙いは何なんだ?」
「それははやてちゃん達の時間が答えを示してくれるはずだよ。 行ってみようか」

ウラタロスの言うことももっともだ。
ここでうだうだ言っていてもしかたない。
消えた時間より前に飛んで原因を突き止めるしかないな。

「超、ヴェルディーカは航行可能か!?」
『もちろんネ。 今すぐにでも飛べるヨ!!』

ヴェルディーカが使えるなら使うことにこしたことはないな。

「ガイアセイバーズ、メンバー各員はヴェルディーカに搭乗、ただちにトライバル・エンドのしわざであろう事件の原因究明および対処を行う!!」

俺の指示にガイアセイバーズのメンバー達はヴェルディーガに搭乗していく。
ヴェルディーガとはガイアセイバーズが使用している戦闘航行艦だ。
この艦船は俺達が数年前に起きたある事件を解決するのを手伝い、この艦船を使用できるようになった。

ガイアセイバーズのメンバーを乗せたヴェルディーガがはやて達のいるであろう時間に向けて発進した。


SIDE 楓

俺の名前は氷室 楓だ。 第97管理外世界、地球の出身である。
詳しいことはまた今度語りたい。

「楓さん、少し練習に付き合ってもらえますか?」
「構わんがスバルにシューティングアーツの基礎を教えるんじゃないのか?」

俺がそう聞くとギンガは少し悩んだような顔をしていた。
そんなギンガの表情を見て、可愛いと思ったことは秘密にしておこう。
結局、ギンガはスバルのところへ行った。

「それにしても可愛いですね。 先輩がこんなに面倒をみるのも分かるよう・・・」

俺に話しかけているのは部下のレイセン・ハーミック。
第12管理外世界出身で錬成魔法の使い手でもある。
しかし、俺同様にあまりこっちの魔法が使えない。

「痛いですよぉ・・・ いきなり殴らなくてもいいじゃないですか・・・」
「うるせぇ。 分かったようなこと言うな。 それより風音はまだなのか?」
「まだみたいですよ。 最後に連絡があったのが一週間前だからそろそろ来ると思いますけど」

風音とは俺の部下の風祭風音のことである。
風音はまったく魔力の類いはないが神鳴流剣士の能力を生かして働いている。

「言っている内に来たようだ。 久しぶりだな、風音」
「お待たせしました、楓はん。 あの二人があなたの妹はん?」
「あぁ、そうだ。 だから、今抱えてる事件を1日で片付けたい」

俺が今追っている事件は質量兵器の密売だ。
今まではただの調査だったのでそんなに苦労はしなかったがそろそろアジトが分かったから潰しにかかるつもりだ。

「じゃあ、そろそろ行きましょうか? さっさと仕事を終わらせましょう」
「そうですなぁ。 早う終わらせてギンガはん達とゆっくり遊びたいですなぁ」

二人の言う通りだ。 この前の空港での事故があってから3ヶ月くらいしか経っていない。
そんな時期にこんなくだらない事件を起こしてくれた犯人には軽く報復してやる・・・


SIDE レイセン

そういうわけで、質量兵器密輸犯のアジトに侵入しています。
先輩の指示によってバズーカやミサイルなどの兵器は鉄屑に錬成しておきました。

「さて、馬鹿どもに鹿せんべいでも食わせてやるか」
「ええですなぁ。 けど、奈良まで行かんと駄目ですよ」

二人の会話に突っ込めない自分が情けないです・・・

犯人がいるであろう部屋の前に待機しています。

「風音、白金でこの扉を叩き切れ!!」
「分かりましたよ。 さっさと終わらせましょう!!」

風音さんは白金を逆手に持ち、素早く扉を切り裂いていきます。
白金は龍の鱗を鉄に混ぜて打った刀です。
この白金は風音さんが退魔師の仕事をするために作った二本の牙のうちの一本だそうです。

扉を斬って入った犯人達の部屋ではマシンガンを構えて待ち構えていた。

「風音、弾を斬っちまえ!!」

先輩の言葉を聞いた風音さんは犯人達が撃ったマシンガンの弾を素早く斬っていく。

しかし、犯人達はさらに銃撃してくる。

僕達、生きて帰れるでしょうか?
不安で仕方ありません。

part-Bへ続く

氷室 楓(ひむろ かえで)
身長:165cm
体重:55kg
出身世界:第97管理外世界「地球」
年齢:15~18歳
髪の色:水色

魔法使いの両親の間に生まれるはずだったがその前に両親をある事件で亡くしてしまう。
しかし、双子の妹でもある氷室 かえでと楓の二人の生きたいという執念にも近い想いが二人を一人に溶け合わせ、生まれた。

使用する魔法体系はミッド式(シューターなどの簡単な魔法)とメルディアナ魔法学院で習った魔法の数々など。
デバイスは基本的には使用しないがグローブ型の通信及びサポート用のトライデントを使用する。
戦い方はキックボクシングや総合格闘技の技術と魔法や超能力を組み合わせたスバル達のシューティングアーツに似たスタイルである。

レイセン・ハーミック

身長:175cm
体重:68kg
出身世界:第12管理外世界「クナーフ」
年齢:21~24歳
髪の色:金色

レイセンの世界の人々は皆、錬成魔法が使える。
その能力を活かして管理局に入局するもミッド式やベルカ式の魔法をあまり使えないことが原因で職場には恵まれなかった。
アルバイトを始めて2年が経ったころの楓にスカウトされて、楓のいた部隊へ出向した。
基本的には、楓の無茶な要求に応えながらしっかりサポートしている。

使用する魔法体系は錬成魔法と近代ベルカ式の魔力付加である。
戦い方は錬成魔法で前へ出る楓と風音をサポートするのが得意。

風祭 風音(かざまつり かざね)
身長:160cm
体重:48kg
出身世界:第97管理外世界「地球」
年齢:17~20歳
髪の色:黒色

京都で生まれ、幼い頃から姉とともに京都神鳴流を学んでいた。
中学卒業をきっかけに全国を流浪する生活を始めた。
その途中で、楓と出会いスカウトされた。
姉は自分の傍にいてほしいと思っているようだ。
魔法は一切使えないが、神鳴流の剣士としての技術を元に戦闘を行う。
戦い方は居合いを中心とした剣術である。

(このプロフィールは物語が進めば更新されますのでお楽しみに。)



スーパーヒーロー作戦 NEW MISSION IF (リリカルなのはStrikers Another Story) 第二話 「異なる歴史の中で」 Part-B

SIDE 風音

質量兵器を密輸していた犯人さん達のアジトにやってきました。
そこで、いきなり銃撃されましたわぁ・・・
そしたら、楓はんが怒ってしまって、レイセンはんは少し不安そうな顔してますぅ。

「風音、弾を切り捨ててから奴らの銃身を叩き切ってやれ!!」
「分かりましたぁ・・・  早く終わらせましょうねぇ・・・」

わたしはそう言うと、犯人さん達が撃ってきた銃弾を切って、素早く犯人さん達に近づいてその手に握られたマシンガンを切り落としましたぁ。

「てめえら! こんなことしてただで済むと思ってんのか!! ああっ!!」
「うるせえよ・・・ それよりも、お前らはゼルセン・アーデントって男を知ってるか・・・?」

楓はんが犯人さん達に聞いた名前、ゼルセン・アーデント。
その人が楓はんの両親を殺したって聞いてますけど、この人らが知ってるとは思いまへんなぁ。

「知るかよ!! 殺れ!!」

犯人さん達の一人の声で銃撃がわたし達に殺到しましたぁ。
しかし、その銃弾は楓はんのある能力で掻き消されました。
犯人さん達は楓はんの右腕を見て、驚いてるようですぅ。

「な・・・ な・・・ 何なんだよ・・・ てめえのその腕は・・・」
「こいつはゼルセンを消すために手に入れたもんだ。 お前らもさっさと抵抗を止めないと消すぞ・・・」

楓はんの言葉に犯人さん達の足が震えてるのが分かりますなぁ。
楓はんは犯罪者さん達には容赦ないですから・・・

「もう一度聞く・・・ 死にたいか、生きたいか・・・ どっちだ・・・」


SIDE 密輸犯リーダー

何なんだよ、こいつ・・・
いかれた目をしてやがる・・・
下手すれば、間違いなく殺される。

「何が望みだ・・・ 金ならたくさんあるぞ・・・ 俺らを見逃してくれたら好きなだけやるよ・・・」

これだけ言われりゃ隙ができるはずだ・・・
その隙にどたまぶち抜いて殺してやるよ!

「別に、金はいらん・・・ 欲しいのはお前らの・・・」

馬鹿が・・・ 後ろを向いたのがてめえの運のつきだな!!

「死ねや!!」

俺が撃った銃弾がガキの頭を撃ち抜いたはずだ。
これで、俺は逃げられる・・・

「んなもん当たるかよ、タコ・・・」

当たってねぇだと・・・
何者だよ、このガキ・・・

「人の頭を撃ち抜こうとしてくれた礼はしねぇとな・・・ 悪く思うなよ・・・」

そう言って、ガキは俺の頭に俺が撃った弾を押しつけてきた。
しかし、そのところで意識が飛んだ・・・


SIDE 楓

殺気で脅したら気絶しやがった・・・
めんどくせえな・・・
後はかえでに任せるか。

「(かえで、俺の代わりに事件の後始末しといてくれ。 俺は疲れたから寝る。)」
「(あたしは構わないよ。 でも、あんまり寝すぎちゃ駄目だよ。)」

かえでも了承してくれたし寝るか・・・

俺は意識を集中させて人格と肉体形成を切り替えた。
要するに、男の氷室楓から女の氷室かえでに代わったわけだ。


SIDE かえで

楓も寝ちゃったし、とりあえず犯人達を捕まえてスバル達とたっぷり遊ぶぞ~!!

「レイセンくんは左側の犯人達の足場を錬成して埋めといて。 風音ちゃんは右側の犯人達の服と銃を斬って」
「分かりました! かえでさんのために頑張りますよ!!」
「分かりやすいですなぁ、レイセンはんは。 わたしも手早く終わらせますわぁ」

二人とも、あたしや楓の指示に素早く対応してくれるから本当に助かるよ。
さて、犯人達は他の捜査官任せて帰ろうかな。

「二人ともそろそろ帰るよ」

あたし達が帰ろうとしたところで誰かの足音が聞こえたから身構えてみるとそこに来たのはどこかで見たことのある陸士制服を着た女の人達が入ってきた。

「かえでちゃん!? 久しぶりやな!!」
「はやてちゃん! 久しぶりだね!!」

あたしの目の前にいる女の子は八神はやてちゃん。。
管理局でエリート街道を歩むあたしの親友だ。

「かえでちゃんらも動いとったんや。 っていうことはデルタフォースの仕事?」
「久しぶりだな、氷室。 変わりないようで安心したぞ」

シグナムさんも相変わらずですね。
シャマルさん達は一緒じゃないんだね。

「かえでちゃん、今日はスバルらと遊ぶんとちゃうんかったっけ?」
「それがさぁ、急に仕事入っちゃって・・・」

あたしがそう言うと、はやてちゃんも苦笑混じりに笑ってくれた。
はやてちゃん達は呼んでいた武装局員に犯人達を引き渡し、事後処理を始めた。
なので、あたし達はスバル達の待つ108部隊に帰ることにした。


SIDE スバル

わたしが訓練校に入学してから3年が経って、わたしは陸士386部隊に所属して、ティアと一緒にBランク試験を受けた。
結果は不合格だったけど再試験も受けられて合格できたし、ラッキーだよね。

「しかし、スバルがBランクか。 俺もだいぶ置いてかれたな」
「そんなことないよ。 楓兄はわたしより強いじゃん。 いつも練習してた時はわたし勝ったことないし」

そうなんだよね。
楓兄はデバイスを使った魔法は得意じゃないけど楓兄のいた世界の魔法を使えば、ほとんどの魔導師と互角以上に戦えるって評判だし・・・
まだまだ追いつけてないな。

「スバルがちゃんと部隊でやっていけてたってのは驚きだな。 てっきり、持ち前のわがままでいろいろ問題やらかしたと思ってたからさ」
「もう! 酷いよ、楓兄!!」

わたしだって立派に管理局員として働いてるんだから・・・
ギン姉は横で笑ってるし・・・
楓兄のいじわる・・・

「楓兄にとって、わたしはいつまで経っても心配をかけるだけの妹にしか見えてないんだもん・・・」
「何か言ったか、スバル?」

危ない、危ない。
わたしの独り言が楓兄に聞かれたかと思ったよ。
あれ、楓兄の表情が変だ。

「スバル、近くにいる奴をなんとかして逃がせ・・・ いかれた化け物が腹をすかせてるみたいだ・・・」「どういうことですか、楓さん?」

ギン姉の言うことももっともだよ。
楓兄はなんの話をしてるんだろう?

「ギンガ、スバルと一緒に付近にいる奴を逃がせ!!」

楓兄、何でそんなこと言うの?
というか、なんか不思議な模様の男の人がいる。
こんなところで、何してるんだろう??

「スバル、ギンガ! 早く逃げろ!!」

楓兄の言葉の意味がなんのことか分からない内に男の人の姿が変わった。
怪物?

「ギン姉! 楓兄! 早く街にいる人逃がさなきゃ!!」
「分かったわ、スバル! 楓さんも手伝ってください!!」

ギン姉の言葉はたぶん楓兄の耳には入ってないと思う。
だって、目が怪物の方に向いてるから。

「こいつはファンガイア・・・ 人の命を餌にする屑どもだ・・・」

楓兄の言葉にはファンガイアっていう怪物への怒りが込められているみたい。
楓兄は何か躊躇ってるようにも見える。


SIDE 楓

ファンガイア・・・
何で、この世界にいやがる!!
スバル達を狙ってんのか・・・
けど、『闇の魔法』も『消滅の禁呪』も使えん・・・
どうすればいい・・・

「楓兄! 何やってんの!? 早く逃げて!!」

スバルやギンガ、他の連中を守ってからじゃねぇと逃げられねぇよ・・・
それに、あいつの足音もしてきたしな。

「ここは大丈夫だ! スバル達はデバイス持ってきてねぇだろ!? 危ねぇから離れてろ!!」

ファンガイアを何か蹴り飛ばした。
言うまでもねぇ、俺の一番のダチの、紅渡いやキバだ・・・

「渡! 何で、この世界にいるかは今は聞かねぇ!! 目の前にいるファンガイアをぶちのめせ!!」

渡の奴、一人前にサムズアップなんてしやがって。

「楓兄、あの人と知り合い?」
「あぁ、俺の一番のダチって奴だ。 強さは俺以上だと思う」

キバはファンガイアの身体を掴み、腹に膝蹴りを叩き込んでいく。
そして、連続パンチに繋げていく。
キバがよく使うコンボだ。
俺もサポートしとくか。

「魔法の射手! 連弾・光の10矢!!」

ファンガイアに俺の魔法が撃ち込まれる。
そして、ファンガイアが吹き飛ぶとキバはウェイクアップフェッスルを取り出して、キバットに吹かせる。

「ウェイクアップ!!」

すると、辺りが夜のような風景になっていく。

「楓さん? これは一体何なんですか!?」
「あれがキバの能力の一つだ」

キバが右足を振り上げ、拘束していた鎖をキバットによって解き放たれた。
そのまま、キバは空高く飛び上がると蹴りを放っていく。
ファンガイアはキバのダークネスムーンブレイクで片付いたようだな。

「楓兄、もう終わったの? 何か明るくなったけど・・・」
「あぁ、もう終わったよ。 渡にかかればあんな奴楽勝だ」

キバから渡に戻ったようだ。

「久しぶりだね、楓。 一月ぶりかな?」
「あぁ、魔帆良を卒業したきりだな。 そんなことより、何で渡がこの世界にいるんだ?」

渡がこの世界にいるのは何らかの理由があるはずだからな。

「それは機動六課にいるはやてちゃん達にも説明する必要があるから・・・ 天道さん達もこの世界に来てるから」

天道の野郎が来てるってことは相手は相当厄介な馬鹿たれだということだな。

「別にいいさ。 俺とスバルは六課に向かうところだったからな」

とりあえず、お話は六課に着いてから聞かせてもらおうじゃねぇか。

俺とスバルはギンガと別れて渡と一緒に六課へ向かう。

第三話へ続く

キャラ設定

氷室かえで
身長:162cm
体重:50kg
B:84 W:55 H:82
髪の色:水色

氷室楓のもう一人の存在。
使用する魔法は楓と変わりはないが超能力(サイコキネシスなど)を多用する。性格は能天気で少々短気。
好きなものや友好関係にあるものは全力で守ろうとするが嫌いなものや友好関係にないものは全力で叩き潰す。

紅渡(仮面ライダーキバ)と氷室楓は三年前に魔帆良学園男子校のルームメイトになり、親友のような関係になる。
スポンサーサイト
リリカルなのはStrikers Another Story | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<オリンピック記念小説 女子ボクシング 日本代表 中嶋さやか VS アメリカ代表 メアリー・ブライアン | HOME | 劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王 公開前 対談 紅渡&野上良太郎&紅音也>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。