ひらひらの仕掛け屋敷

このブログはアニメや特撮、漫画についてのコメントやオリジナル女子格闘技小説を掲載したりしますよ♪♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スーパーヒーロー作戦 NEW MISSION IF (リリカルなのはStrikers Another Story) 第三話 「機動六課始動」 Part-a& スーパーヒーロー作戦 NEW MISSION IF (リリカルなのはStrikers Another Story) 第四話 「機動六課始動」 Part-b



スーパーヒーロー作戦 NEW MISSION IF (リリカルなのはStrikers Another Story) 第三話 「機動六課始動」 Part-a


SIDE はやて

わたしらの夢の舞台、機動六課も設立されてスタッフもいい感じで集まった。
これからレリック事件を本格的に追っていける。

「う~ん・・・ 少し外の空気でも吸ってこよかな」

わたしは外の空気を吸いに行った。
やっぱり、自分の部隊を持つのは神経に堪えるわ・・・

「けど、頑張ってかなあかんな・・・ って、あれ? わたし、疲れとんやろか・・・」

目の前にわたしがよく知ってる艦があるわ・・・
っていうか、何でこの世界にヴェルディーガがあるんや!?

「天道くんは何を考えとんのや!」

ヴェルディーガが六課の海上付近に着水したのを見て、わたしもそこに走っていく。
ヴェルディーガのハッチが開いて、そこからスーツを着た男が降りてきた。

「ここがはやての部隊か・・・ でかいな・・・」

天道くんか・・・
懐かしいなぁ、ってんなわけあるかい!!

「天道くん! 人の部隊に何で戦艦使って来てるんや!!」
「そんなに興奮するな。 お肌に悪いぞ」

天道くんの言いたいことはよう分からんけど、ごまかすんは反則や!

「そういうことちゃうやろ! ヴェルディーガは未来の戦艦やろ!? 何で、堂々とこの時代にあるねん!!?」
「そのことは中で話そうじゃないか。 とりあえず、俺以外の隊員の居住を許可してもらわないとな」

というか、自分は既にうちの部隊に居座る気かいな・・・
まっ、ええわ・・・
詳しい話はたっぷり聞かせてもらわんとあかんからな。

「ほんなら、部隊長室で話しょうか?」
「ありがたいな。 さっさと行くぞ、はやて」

相変わらず、天道くんは自分勝手やな・・・
安心したわ。
とりあえず、中に入ろか・・・


SIDE 渡

僕はスバルちゃん達に楓との思い出話していた。

「渡さん。 他に楓兄の話ってあるんですか?」
「まだまだあるよ。 懐かしいのは楓の魔法の師匠の一人でクウネル・サンダースさんって人がいるんだけど・・・」

楓の師匠は二人いて、どちらも性格に問題があって、僕も何度か会ったことがあるけど・・・ 普通の感覚だと好きにはなれない人達だったな。

「クウネルのところに行った時は毎回ドラゴンがじゃれついてきたしな」

スバルちゃんが僕達の話に唖然としちゃってるよ・・・

「後、クウネルって名前は偽名だけど、気に入ってるらしくてな。 クウネルって呼ばないと反応しないんだよ」
「だよね。 でも、僕はクウネルさんとはいろいろあったけど仲良くさせてもらってたから」

本当に、楓と会ってからは少し自信が持てるようになった。
おかげで、バイオリン職人としての仕事もなんとかなったしね。

「そういえば、渡。 どうして、お前があそこにいたんだ?」
「えっと、簡単に言うと僕達がトライバル・エンドっていう男を逃がしたのが理由で・・・」

僕が聞いた理由はそんなところだ。
本当のところはキバットがファンガイアの気配を感じたからなんだけど。

「渡、キバットはどうした?」
「そういえば、キバットどこ行ったんだろう? キバット!!」

僕の声にキバットが飛んでくる。


Side スバル

なんだか、楓兄と渡さん、楽しそうに話してるなぁ・・・
ちょっと、羨ましいな・・・

「この蝙蝠みたいなのは何なんですか?」
「誰が蝙蝠みたいだ! 俺は名誉あるキバット族のキバットバットⅢ世だぞ!!」
「あっ、キバット族っていうのは地球のモンスターの種族の一つだよ。 僕がキバになるために力を貸してくれてる。 でも、僕にしてみれば家族みたいなものだけど」

渡さんとキバットは仲がいいみたい・・・
楽しそうにじゃれてるよ。

「スバルはキバットや渡と会うのは初めてだったよな。 悪い奴らじゃないから仲良くしてやってくれ」
「うん。 大丈夫だよ、楓兄。 渡さん達凄くいい人に見えるもん」

あたしの言葉に楓兄もほっとしたような顔をしてる。
たぶん、渡さんも自分の正体を見られて他人に避けられるのが怖いんだ・・・

「大丈夫。 あたしは渡さんを否定したりしないから・・・」
「どうしたの、スバルちゃん?」
「あっ、いえ。 何でもないです・・・」

嬉しそうな楓兄を見てるとあたしも嬉しくなるよ。


Side 天道

「そういうわけで、俺達の居住許可をもらいたい」
「理由は分かったけど、何でそんな厄介なのを逃がしたんや?」

はやての疑問に満ちた顔が俺の目の前にある。

「奴は少し面倒な奴でな。 狙いは全ての世界を手に入れることだろう」
「そんな物騒な奴をこの世界に連れてきたんやな!? うちらの部隊は突っつき所満載なんやよ! 分かっとるんか?」
「分かってるさ。 俺達はそいつらにこの世界を渡さんために動くんだからな」

はやては呆れたようにため息をついている。
失礼な奴だ・・・

「ほんなら、手続きはしとくからヴェルディーガで待っとってくれるか?」
「あぁ、分かった・・・ じゃあ、俺は俺達の船に戻るとするさ」

部隊長室を後にして、ヴェルディーガに戻っていく。

Side 侑斗

俺は野上と一緒にミッドチルダに来た。
凄く広い世界だな・・・
奴が欲しがるのも無理ないか・・・

「侑斗、どうするの?」
「俺はこの世界でこれから事件を起こそうとしてる連中に接触する。 奴が・・・ トライバル・エンドが関わるとすればそういう連中だ」

八神や高町達の時間を消し去り、何かを欲している。
だが、奴らの思い通りなんてさせてたまるか・・・

「じゃあ、気をつけて・・・」
「野上もな・・・ 無理すんなよ」

俺は野上と別れて、ゼロライナーを走らせた。
行き先はこの時代の犯罪者、ジェイル・スカリエッティのいるアジト。

「侑斗、野上に本当のことを言わなくていいのか?」
「あぁ、別にいい。 野上が本当のことを知れば、きっと止めようとするからな。 それじゃあ、奴らの狙い通りになっちまうから・・・」

そう・・・
俺は野上よりも先に時の砂漠に入って、強引に本当の時間に乗り付けた。
そして、事件の詳細を見た・・・

「だから、俺が正しい歴史に導いてやらねぇとな・・・」

俺の言葉にデネブは何も言わなかった。


Side ティアナ

スバルがあたしに「六課に楓兄が来るんだ」なんて言ってたけど、その楓って人はどんな人なんだろう。

「ティア~!!」

スバル!!
大声で呼ばないでよ!!

あたしがスバルの所へ走っていくとスバルも走ってきた。

「こんの、馬鹿スバル!! 恥ずかしいでしょうが!!」
「照れない、照れない」

あたし達を見て、少し微笑ましそうな顔をしてる男がいる。
確か、スバルが言ってた楓兄だっけ?

「あの、あなたが楓さんですか?」
「あぁ、そうだ。 あんたがスバルがよくメールで言ってたティアナさんか?」
「えぇ、そうですよ。 スバル、わたしのこと何て言ってましたか?」

気になるのはスバルがこの人に誤解を招くようなことを言ってないかということだ。

「スバルの恋人だろう? 少しわがままな所があるがいい娘だ。 よろしく頼む」
「わたしはスバルの恋人じゃないですから。 腐れ縁なだけです」

そう。 ちょっと付き合いの長い腐れ縁な関係だ。
決して、恋人とかじゃない。

「・・・ 言われなくても分かっているさ。 それに、スバルに女の恋人がいたら兄としてかなり悲しいものがあるからな・・・」

スバルのお兄さん代わりも大変ね・・・

「それで、楓さんの横にいる人とその使い魔みたいなのは何ですか?」
「あぁ、こいつは俺の親友で紅渡っていうんだ。 そんで、蝙蝠みたいなのがキバットバットⅢ世だ」

一般人よね?
どうして、この世界にいるのかしら??

「あの、渡さんはどうしてこの世界にいらっしゃるんでしょうか?」
「そのことは中で説明するよ」

渡さんの言葉に楓さんとスバルも賛成みたいだし、中で話を聞こうかな。


Side トライバル・エンド

わたし達が時間に介入することはできた・・・
次はこの時代にいる犯罪者の下へ行くとしましょう・・・

「やぁ、トライバル・エンド。 君の計画もいい具合に進んでるね。 次はジェイル・スカリエッティの下へ行くんだよね? なら、僕も彼の所へ行っていいかな?」
「構いませんよ、ゼルセン・アーデントさん・・・ しかし、あなたがこの計画に興味を持つとは思いませんでしたよ・・・」

彼が興味を持つのは自分の狙い、全世界の消滅だけかと思いましたがね・・・
何を考えているやら・・・

「僕が興味があるのは僕の空虚を埋められるものだけだよ。 そして、君と僕は似たもの同士・・・ 仲良くしようじゃないか」
「まぁ、いいでしょう・・・ では、ジェイル・スカリエッティの下へ向かいますか・・・」

わたしとゼルセンはジェイル・スカリエッティの下へ向かうことにしました。
さて、これからもっと面白くしないと・・・


Side はやて

とりあえず、天道くんらを民間協力者としてうちらの部隊に置いとくことができるようになった。
今回の事件で天道くんらの力を借りることなく解決させられたらええな・・・

「さて、早く寝よ。 明日は六課始動の日やからな」

これから、六課が始まるんや。
頑張らないかんな。

さぁ、張り切って行こか!!


第4話へ続く





スーパーヒーロー作戦 NEW MISSION IF (リリカルなのはStrikers Another Story) 第四話 「機動六課始動」 Part-b


Side はやて

ついに、今日うちらの部隊が始まる。
やっぱり、緊張するわ・・・
せやけど、一つしとかなあかん仕事がある。

「で、はやて。 俺に何の用だ? いろいろ忙しいんだが・・・」
「そんな怖い顔で睨まんといてぇな・・・」

別に、楓くんにとって悪い話とちゃうんやから・・・
「はやての用事は何なんだ? さっさと言ってくれよ」
「せやね。 楓くんにお願いしたいのはガイアセイバーズの皆と一緒に六課非公式の部隊、デルタフォースのリーダーになってくれへんやろか?」

楓くんは何を今さらみたいな顔をしている。
何か癪やな・・・

「もちろん、引き受けよう。 俺としても渡や天道達が自由に動けるようにした方がいいからな」
「楓くんが了承してくれてありがとな・・・ 」
「別にお前のためじゃないさ。 スバルや渡達が安全になるようにするためだ」

ほんまに楓くんは会った頃と違て、今ではスバルを溺愛しとって、渡くん達にも仲良くしとるもんな・・・

「まぁ、よろしく頼むわな・・・」
「あぁ、任せておけ。 全力を尽くすさ」

楓くんの言葉は相変わらず迷いがないなぁ。
うちも頑張らなあかんな・・・


Side 侑斗

ゼロライナーでジェイル・スカリエッティのアジトまでやってきた。
ここからはうまくやらないとな・・・

「(デネブ、こっからは俺一人で行く。 お前はゼロライナーと一緒に野上んとこに行け。 いいな?)」
「(侑斗!? 今から侑斗が行く所は犯罪者のアジトだぞ!? やっぱり、俺も・・・)」

俺はデネブの言葉を遮り、俺の考えをデネブに伝えることにした。

「(お前は野上のいる場所まで行って、最悪の場合に備えて定期的に連絡するからそれを野上に伝えろ。 いいな。)」
「(分かった。 俺に任せてくれ。)」

デネブを説き伏せることはできた。
とりあえず、アジトに乗り込むか。

「おい、ジェイル・スカリエッティ。 ここにいるんだろ。 出てこいよ」

何の返事もない・・・
無視しやがったみたいだな。

「あはは・・・ 勇気ある青年だなぁ・・・ 少し試してあげよう・・・」
「試してみろよ。 俺はお前よりも度胸はあるつもりだ」

俺の言葉とともに妙な機械兵器が出てきたか・・・
パーティーの始まりだな・・・

「それはガジェット・ドローンと名付けられている。 君は数百といるガジェットを相手にできるかな?」
「実体があればな・・・ だが、幻影とは戦えないぜ・・・ 顔を出したらどうだ!?」

俺の言葉に反応したジェイル・スカリエッティの顔が空間モニターに映し出された。
こいつがスカリエッティか・・・
完全にマッドサイエンティストの顔してやがる。

「ようこそ、私のアジトへ。 君の名前は何と言うのかな?」
「俺は桜井・・・ 侑斗だ。 お前達の用心棒になりに来てやった」

スカリエッティの顔に笑みが浮かぶ。
自分のアジトがばれて焦ってないって言いたいのかよ・・・
大胆な奴だな・・・

「迎えがそちらに向かう。 彼女について来てもらおうか」

どうやら、第一の関門は乗りきったようだな。
じゃあ、俺の計画を進めるとするか・・・


Side 天道

いよいよ、はやての部隊である機動六課が始動する日だ。
はやての挨拶でも聞いてやるとするか・・・

「あれ、天道さん? はやてちゃんの挨拶ならもう終わっちゃいましたよ」
「本当か? はやての奴、俺の真似などしてからに・・・」

全く、どうやったらああいう風に育つのやらだな・・・

「なのはは今から新人達の訓練か?」
「はい。 今日から早速みんなの訓練をしないと駄目ですから」

なのはがガッツポーズを取りながら俺に答えてきた。
俺より大人になったみたいだな。

「老けたな、なのは・・・ 俺は不安だぞ・・・ いろんな意味でな・・・」
「老けてません! まだ二十歳にもなってないんですよ!!」
「いいからさっさと新人達の訓練に行ってやれ」

俺の言葉になのはが少し頬を膨らませてから訓練場に向かった。


Side 光太郎

俺ははやてちゃんからこの部隊に最新式のヘリがあると聞いて、そのヘリを見に行くことにした。

「しかし、おっきいヘリだなぁ。 これで飛んだら気持ちいいだろうな・・・」
「あんた、ヘリ好きなのかい?」

俺の目の前にはここのヘリパイロットであろう人がいた。

「君は誰だい? あっ、俺は南光太郎だよ」
「俺はヴァイス・グランセニックだ。 この部隊のヘリパイロットをやってるもんだ。 あんたもヘリパイロットなのかい?」
「昔はね・・・ 今は何もしてないけど・・・」

つい、昔のことを思い出してしまった。
守れなかった人達のことを・・・

「何かわけありって顔してるな・・・ まっ、詮索はしないさ」
「ありがとう・・・ まぁ、これから1年よろしくお願いするよ」

俺の差し出した手をヴァイス君の手が握りしめられる。

「そうだ、光太郎。 ストームレイダーに乗ってみたいか?」
「もちろん! 俺も久しくヘリには乗ってなかったから嬉しいお誘いだよ!!」

俺の言葉にヴァイス君は子供みたいな笑みを浮かべながらヘリに案内してくれた。
輸送ヘリということだからスペースはかなり広い。
これならアクロバッターを乗せられるかもしれないなと思ったりもする。

「じゃあ、光太郎。 ストームレイダーのテストフライトに行くか!?」
「あぁ、行こう! 楽しみにしてるよ!!」

俺もヴァイス君も結構興奮しているようだ。
ストームレイダーは無事に離陸して、今は機動六課の周りを飛んでいる。

「光太郎! あれ何だと思う!?」
「あれは対空型サイプロクスか・・・ このヘリを狙ってる!」

ヴァイス君はとっさに操縦桿を操作して、サイプロクスの追跡を振り払おうとする。
しかし、サイプロクスもしつこく追跡してくる。

「ヴァイス君! 俺が迎撃する!! だから、ある程度距離を取ってくれ!!」
「どうするつもりだよ! あんた、一般人だろ!?」

俺はヴァイス君の言葉に意識を昂らせながら変身のためのポーズを取る。

「こうやってだ! 変身!!」

俺は仮面ライダーBLACK RXに変身した。

「あんた、一体何もんだよ・・・」
「俺は仮面ライダー・・・ 改造人間だ・・・」

俺の言葉にヴァイス君の表情が変わる。
しかし、すぐに表情を戻すとヘリを操作して、対空型サイクロプスとの距離を保つ。

「俺が奴を撃ち落とす。 ヘリをできるだけ近づいてくれ!」
「分かったぜ。 けど、気をつけろよ!」

ヴァイス君の言葉に俺は頷きながらロボライダーに変身する。
そして、ボルテイックシューターを呼び出した。

「行くぞ! ヴァイス君!!」
「おうさ!!」

ヴァイス君がヘリをサイクロプスに近づけてくれる。
俺はボルテイックシューターからエネルギー弾をサイクロプスに撃ち込んでいく。
しかし、サイクロプスは軌道を変えて、ボルテイックシューターをかわしてくる。

「光太郎! 俺が奴との距離をなんとかするから決めちまえ!!」
「あぁ、分かった!!」

ヴァイス君のヘリの操縦は的確にサイクロプスとの距離を取っている。
俺は神経を研ぎ澄まし、サイクロプスの身体にボルテイックシューターを撃ち込んでいく。
サイクロプスはボルテイックシューターの威力に耐えきれなかったのか、爆発したようだ。

迎撃に成功した俺達はしばらくの間、様子を見てからフライトを再開することにした。
ヴァイス君が後でいろいろ聞かせてもらうからなとか言っているから覚悟しておかないとな・・・


Side スバル

なのはさんによる訓練が始まってから早くも2週間が経った。
今日は楓兄との模擬戦がある日。
みんなとも仲良くなったし、だいぶ連携も取れるようになってきた。
今なら楓兄とも戦えると思う。

「スバル。 張りきるのは構わないけど少しは落ち着きなさい」
「スバルさん。 頑張って、楓さんに勝ちましょう!!」
「うん! みんな、頑張ろう!!」

あたし達は楓兄との模擬戦の準備を終えて、ストレッチを済ませた。
後は楓兄との模擬戦に勝つだけだよ。


Side 楓

スバルとやるのは初めてだな。
六課フォワード陣の戦い方は見てきた。
そして、スバル達は俺の戦い方を知らない。
その分だけ俺にアドバンテージがある。

「じゃあ、模擬戦する前に楓くんにはいくつか条件をつけておこうかな。 楓くんはトライデントのファーストモードだけを使用してね」
「条件はそれだけか・・・ なんなら、使用する魔法は簡単なのだけにしておいてやる」

スバル達の表情が強張ったように見える。
まぁ、当たり前だな。
馬鹿にされたようなもんだからな。

「じゃあ、始めようか。  勝敗条件は相手を戦闘不能にすることだよ。 みんな、頑張ってね!!」

なのはの声で模擬戦が開始された。
俺はスバル達と距離を取ると構えを取る。

「さぁ、来い! フォワード陣!!」
「行きます! スバルさん!」
「おう!! 楓兄、あたしが勝つよ!!」

スバルとエリオが突っ込んでくる。
フロントアタッカーとガードウィング・・・
俺が最も相手にしやすいポジション。
スバルはローラーブーツを走らせて俺の懐に入ってきた。
そして、左のジャブから右のストレートを打ち込んでくる。
俺はそれをいなして、左右のストレートを返す。
スバルはそれをガードして離れるとエリオが後ろから飛んでくる。

「楓さん! 勝たせてもらいますよ!!」
「エリオ! 敬語を使うなと言ってるだろ!!」

俺は背後から来るエリオを捌いて、反撃の膝蹴りでエリオを弾き飛ばす。
そこへ、ティアナの射撃魔法が撃ち込まれる。
こっちも見せてやるか・・・

「風の精霊30人! 集い来たりて 魔法の射手 連弾・雷の30矢!!」

俺の周りから電撃を纏った魔法の矢がティアナ目掛けて射出される。
しかし、全弾かわされたようだな・・・
なら、さっさと終わらせるか・・・

「終わらせてもらうさ・・・」

俺は瞬動でキャロとの距離をゼロにしていく。

「悪いな、キャロ。 まだ俺は負けてやるわけにはいかないんでな」
「あっ・・・ あの・・・ わたしはどうすればいいんでしょうか?」

キャロの首筋には俺が作り出した断罪の剣を突きつけている。
もし、これを使えばキャロは即死するだろう。
まぁ、脅しだがな・・・

「さぁ、降参してもらおうか・・・ チャンスはまだあるさ・・・」
「分かりました。 降参します・・・」

俺はキャロの言葉に魔法を解いた。

訓練が終わり、スバル達はクールダウンを行っている。

「楓兄! 今日はちょっとずるかったよ!!」
「悪かったな・・・ まぁ、少しは意地張らせてくれよ・・・」

スバル達は俺の言葉にある程度納得してくれたようだ。

こいつらはまだまだ強くなれる。
上を見ているからだ。
もう少し、平和な日常をスバル達が送れるといいがな・・・

第5話に続く


スポンサーサイト
リリカルなのはStrikers Another Story | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第1回 月娘トーナメント 第1回戦 第3試合 伊集院さつきVS山藤舞 | HOME | スーパーヒーロー作戦 NEW MISSION Episode-4 出会い>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。