ひらひらの仕掛け屋敷

このブログはアニメや特撮、漫画についてのコメントやオリジナル女子格闘技小説を掲載したりしますよ♪♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スーパーヒーロー作戦 NEW MISSION IF (リリカルなのはStrikers Another Story) 第五話 「機動六課、初出動!!」 Part-A&スーパーヒーロー作戦 NEW MISSION IF (リリカルなのはStrikers Another Story) 第六話 「機動六課、初出動!!」 Part-B

スーパーヒーロー作戦 NEW MISSION IF (リリカルなのはStrikers Another Story) 第五話 「機動六課、初出動!!」 Part-A

Side 加賀美

俺達が機動六課に来てから一ヶ月程経った今、まだ六課フォワード陣は出動がないらしい。
俺達の捜査もあまり成果が出ていない。
天道は相変わらず勝手に動いてるみたいだが・・・

「加賀美さん。 天道さんの捜査は何か進展がありました?」
「いや、ないな・・・ 野上はウラタロス達に協力してもらってたんじゃないのか」

俺は五年前の事件でデンライナー署の刑事として事件を追っていた野上と知り合った。

「野上と加賀美か・・・ そういえば、面白いことが分かったぞ」
「何だよ、天道。 お前のことだから何かつかんだんだろ」

天道の顔が少し綻ぶ。
とんでもないいたずらを思いついた時の顔だ。

「俺が探りを入れた会社だが、どうやらガジェットの部品を製造しているらしい。 しかも、ワームやイマジン達についても研究しているようだ」
「天道はまた探りに行くのか?」

天道のことだ・・・
こいつは中途半端で終わらせるような奴じゃないからな・・・

「あぁ、もちろんだ」

天道の表情が変わった。
遠くから本郷さんが走ってきた。

「皆、リニアレールでガジェットの襲撃があった。 俺達はフォワード陣のサポートに回りたい。 いいか?」
「さっさとしろ。 総監命令だ、フォワード一同のサポートに回れ! 俺達もすぐに行く」

天道の言葉に野上達が慌ただしく動き出した。
さて、俺も早く行かないとな。


Side スバル

アラートが鳴り響いて、あたし達フォワードが初の緊急出動になった。
この任務は絶対に失敗できない。
ヘリポートまで来て、少し震えちゃってる。

「スバル、大丈夫? あんたらしくないわよ・・・」
「ごめん。 やっぱり緊張してる」

ティアが心配してくれてる・・・
あたしも頑張らないと!!

「スバル、気張ってこい。 俺達もヤバくなったらフォロー入れてやるから」
「ありがと、楓兄・・・ あたし、頑張るよ!!」

あたしがガッツポーズを取ると楓兄も嬉しそうな顔をしてくれてる。

「エリオ、キャロ。 あんた達は大丈夫?」

あたしよりもエリオ達の方が緊張してるはずなのに、忘れてた・・・
なんか、恥ずかしいよ・・・

「いえ、僕は大丈夫です。 キャロは大丈夫?」
「わたしはちょっとドキドキしてる・・・ エリオ君は凄いね・・・」

キャロがすっごく緊張してるみたい・・・
あたしが励ましてあげないと・・・

「キャロ、心配するな。 何かあっても今のお前なら少しくらいのことは切り抜けられる。 それに、俺達とガイアセイバーズもフォローに回る。 だから、大丈夫だ」

楓兄がキャロに優しく話しかけて励ましてた。
楓兄っていつも不安そうにしてる人を励ましてたよね・・・

「ありがとうございます、楓さん。 わたし、頑張ります!」
「その調子だ、キャロ。 エリオもきっちりキャロを守ってやれよ」

楓兄がエリオにそう言ってる
楓兄らしいな・・・

「皆、そろそろ行こうか?」
「「「「はい!!」」」」

あたし達がなのはさんに返事をすると頷いてくれた。

「なのは、俺達も出るけどエリオやキャロ、スバル達をフォローしてやってくれ・・・ 無理をしない程度でもいいから・・・」
「大丈夫。 皆はわたしがきっと守ってみせるから」

楓兄が凄く心配そうな顔をしてなのはさんに聞いてる・・・

「なら、安心した。 頑張ってこいよ」
「うん! 楓兄も気をつけて・・・」

あたし達はヴァイスさんの操縦するヘリに乗り込んで現場へと飛び立った。


 Side フェイト

私が捜査をしてた途中で出動がかかった。
捜査は同行してくれていた風見さんに任せてしまったけど大丈夫なのかな?

『早く現場へ向かいましょう。 捜査は風見さんに任せておけば安心でしょう』
「そうだね、バルディッシュ・・・ エリオ達のフォローに回らないとね。 ありがとう」

私は近くのパーキングに車を停めて、グリフィスに連絡を取る。

「グリフィス! 市街地飛行の承認をお願い!!」
『了解! 市街地個人飛行、承認!!』

これで、飛べる・・・
早くエリオ達を助けに行かないと・・・

「バルディッシュ・アサルト! セットアップ!!」
『Get set Set up.
Barrier Jacket, Impulse Form.』

バルディッシュがセットされて、それから私の身体にバリアジャケットが着用される。

「ライトニング1、フェイト・テスタロッサ・ハラオウン! 行きます!!」

私はなのは達にいる空域へ飛んでいく。
早くなのは達をサポートしに行かなきゃ!!


Side なのは

みんな、初出動とあって緊張してるのが分かる。
少しでも、みんなの緊張をほぐしてあげないと・・・

「みんな、大丈夫だよ。 みんなはちゃんと訓練してるんだから落ち着けば何も問題ないよ」
「「「「はい!!」」」」

スバルとティアナはある程度落ち着いてるね・・・
エリオも大丈夫そう・・・

「キャロ、不安になる気持ちは分かるよ。 けど、キャロは一人じゃない。 エリオもスバル達もわたし達もいるよ」

わたしの言葉にキャロの表情からまだ不安そうな表情はなくなってないみたい。

『ガジェット編隊、来ます!!』
「ヴァイス君! わたしも出るよ!! フェイト隊長と空を抑える!!」

行く前にキャロを元気づけてあげなきゃね・・・

「キャロの魔法はみんなを護れる、優しくて強い魔法だよ。 だから、心配しないで・・・ 側にいなくても通信で繋がってるから・・・」

わたしはそう言ってから、ヘリから飛び降りた。

「レイジングハート! セットアップ!!」
『Stanby ready.  Barrier Jacket, Aggressive Mode.』

みんなを無事にリニアレールまでたどり着けるようにしないと駄目だよね!!

「行くよ、レイジングハート!!」
『Accel Fin』

わたしはアクセル・フィンを発動させて、フェイトちゃんと合流する空域まで一気に飛んでいく。


Side ゼルセン

ジェイル・スカリエッティが何か始めたみたいだね。
僕も少し行ってみようかな・・・

「トライバル・エンド、僕も出るよ」
「珍しいですね・・・ あなたがこんなことに興味を持つなんて・・・」

トライバル・エンドの言葉にゼルセンは少し微笑みを浮かべながら答えていく。

「ちょうど退屈してたところなんだ。 それに、運動しておかないと身体が鈍るからね」
「分かりましたよ、ゼルセン・・・ では、向かいましょうか・・・」

僕達の後ろにはトライバル・エンドの新しい玩具であるガジェットドローンの新型がずらりと並んでいる。
しかし、このことをジェイル・スカリエッティが知ったらどう思うだろうね・・・


Side 天道

レリックを積んだリニアレールはどんどん速度を上げて進んでいる。
俺達はその横の位地にある森の中をガレオン(ガイアセイバーズ専用の特殊装甲車)で追いかけている。

「天道。 リニアレールは今どうなってる?」
「見れば分かるだろ。 全速力で走ってるさ・・・」

ガレオンはリニアレールの速度に合わせて、かなりのスピードで走っている。
しかし、なかなか追いつけない。

「六課のフォワード達はまだ着かないのか?」
「そろそろ着きそうだ。 お客も来たようだな」

俺達の前にロボットが多数現れた。
どこか、なのは達が言っていたガジェットに似ている気がする。

「天道! 俺があいつらを撃墜してくる!!」
「あぁ、分かった。 気をつけろよ、加賀美!!」

俺の言葉に頷いた加賀美の下にガタックゼクターが飛んでくる。
加賀美はそれを手に取り、ベルトに装着することで仮面ライダーガタックに変身する。

「じゃあ、行ってくる! 天道、なのはちゃん達の援護任せたぜ!!」
「あぁ。 早く行け」

ガタックは森に降りると一気にガジェットらしきロボットに突っ込んでいく。
そして、キャストオフをしてマスクドフォームからライダーフォームへと変身していく。


Side ティアナ

あたし達はリニアレールの上空までヴァイス陸曹の掃除しているヘリでやって来た。
そして、ヘリからのランペリングをしようとしている。

「お前らはなのは隊長達のおかげで安全無事に現場まで来れたんだ。 しっかりやってこい!!」
「「「「はい!!」」」」

まずは、あたしとスバルでヘリから降下していく。

「スターズ03、スバル・ナカジマ!!」
「スターズ04、ティアナ・ランスター!!」
「「行きます!!」」

あたしとスバルは掛け声を出してからヘリから降りた。
そして、空中で新しくもらったデバイスの力を借りて、バリアジャケットを着用していく。
さぁ、しっかりやらないと!!


Side エリオ

「次、ライトニング! ちび共、気ぃつけてな!!」
「「はい!!」」

キャロが震えてるみたい・・・
励ましてあげなきゃ・・・

「一緒に降りよっか?」
「あっ、うん」

キャロの表情も少しは和らいだみたい・・・

「ライトニング03、エリオ・モンディアル!!」
「ライトニング04、キャロ・ル・ルシエとフリードリヒ!」

僕達は手を握り締めてからはっきりと言っていく。

「「行きます!!」」

そう言うと僕達は飛び降りていく。
そして、バリアジャケットを着用していく。

僕達がリニアレールの上に着地すると先に着地していたスバルさん達が自分のバリアジャケットを関心したように見ている。

「みんなのジャケットは各部隊の分隊長さん達のものを参考にしてるですよ」

スバルさんはリィン曹長の言葉にさらにじっくりと自分のバリアジャケットを見ている。

「スバル! 感動は後!! 来るわよ!!」

ティアさんの言葉と同時にガジェットがエネルギー弾を乱射してくる。
僕達はガジェット達に向かっていく。

いよいよ、僕達の機動六課での初めての戦闘が始まろうとしている。


第六話に続く

次回予告

リニアレールでのレリックを巡る攻防戦。
そして、楓の前に姿を現す宿敵。
ガイアセイバーズと機動六課は無事にレリックを確保できるのか。

次回、「機動六課、初出動!!」Part-B
ぶっちぎるぜ!!

スーパーヒーロー作戦 NEW MISSION IF (リリカルなのはStrikers Another Story) 第六話 「機動六課、初出動!!」 Part-B

Side スバル

リニアレールの中に突入したあたしにガジェットのビームがあたしに向けて撃たれた。
あたしはそれをかわすとリボルバーナックルとマッハキャリバーで撃墜していく。

「うぉぉぉぉおりゃー!!」

・・・
とにかく、今はガジェットをなんとかしなきゃ!!

「でりゃあああああ!!」

あたしはガジェットにリボルバーナックルのついた右腕で殴りつけていく。
ガジェットの機体に穴が開き、爆発する。

早くティアと合流して7車両目の重要貨物室に行かないと・・・

「へぇっ? きゃああああああ!!」

あたしはガジェットの爆風に巻き込まれて車両の外に飛ばされてしまった。

『Wing Rode』

マッハキャリバーが咄嗟にウィングロードを発動させてくれたおかげで落ちずに済んだ。

「マッハキャリバー。 お前って結構凄いんだね。 加速やグリップも段違いだし・・・」
『私はあなたをより強く、より速く走らせるために作り出されましたから』

マッハキャリバーの言葉がどうも納得できなかった。

「マッハキャリバーはAIとはいえ、心があるんだよね? だったら、こう言い換えよう。 マッハキャリバーはあたしと一緒に走るために生まれたんだよ。」
『同じ意味に感じます』

マッハキャリバーがあたしの言ったことを考えてくれてるみたい・・・

「だから、言い換えよう。 お前はあたしと一緒に走るために生まれたんだよ。」
『考えておきます』

マッハキャリバーがそう言ってくれたのが凄く嬉しい。


Side 天道

ロボットが俺達にエネルギー弾を乱射してきた。

「各員、速やかに奴らを迎撃しろ!!」
『『了解!!』』

俺はロボットに一気に近づき、背面のケーブルをカブトクナイガン・クナイモードで斬りつけた。
すると、ロボットは機能停止した。
どうやら、弱点は背中にあるようだな。

「背面を狙え!! そうすれば、止まる!!」
『分かったぜ、天道!!』

加賀美の奴も苦戦していたようだな。
俺も早く蹴散らして、フォワードに合流するか・・・

Side キャロ

エリオくんが新型のガジェットと戦ってる・・・
でも、わたしはどうしたらいいか、分からなくなってる・・・

「あっ、あの・・・」
「大丈夫・・・ 任せて・・・」

エリオくんはわたしに心配をかけまいとそう言ってくれるけど、今のエリオくんが言っても説得力ないよ・・・
でも、わたしの力は・・・

わたしが自分の力について考えてるとエリオくんがガジェットのビームで狙い撃ちにされていた。
けど、エリオくんは空中を跳ぶことでかわしていく。

「ぐあああああっ!!」

エリオくんがガジェットの触手で弾き飛ばされていく。
わたしは誰も守れないの・・・
わたしはわたしに優しくしてくれる人達を守りたい・・・

「エリオく~ん!!」

わたしは絶対にエリオくんを助けるんだ!!


Side キバ

エリオくんがガジェットとかいうロボットに弾き飛ばされ、落下していくのが見えた。
僕は慌てて助けに行こうとするが他のロボットが邪魔ですぐに動けない。

「渡! あいつらは大丈夫だ!! それよりもこいつらをどうにかするぞ!!」
「分かった! タツロット!!」

僕の呼び掛けに反応して、タツロットが僕の下に来てくれた。

「渡さん~ テンションフォルテッシモで行きましょう~」

僕の左腕にタツロットが付くことで僕の、キバの鎧の拘束が解かれ、最大限の力を発揮できる。

「ザンバット!!」

僕はタツロットからザンバットソードを呼び出し、ロボット達を切り裂いていく。

「キバット!! 空にいるなのはちゃん達のフォローに回るけど制御頼むよ!!」
「おう! 俺様に任せとけ!!」

僕はキバットに魔皇力の制御を任せて、キバ飛翔体に変身するとなのはちゃん達のいる空域まで飛んでいった。


Side ティアナ

管制室のガジェットを破壊してもリニアレールの停止は不可能だった。
だったら、さっさとスバルと合流して重要貨物室のレリックを回収しないと・・・

『One-hand Mode.』
「それにしても、あんたって凄いわね。 弾丸の生成なんかもしてくれるんだから・・・」
『はい。不要でしたか?』

クロスミラージュがそんなことを言ってくる。

「ほんとはあんたみたい子がいると頼っちゃいそうだけど、こういう状況だと凄く助かる。」
『ありがとうございます』

さっさと、スバルと合流しなきゃ・・


Side 楓

俺の目の前にはゼルセン・アーデントが胸糞悪い面で立っている。

「失礼だな、君は・・・ 久しぶりに会ったというのに・・・」
「あの時、てめぇを始末できてりゃ、どんだけ良かっただろうな・・・」

こいつの顔を見ていると感情が抑えられない。
一秒でも早く、こいつをぶちのめしたい。

「君は今、僕を殺したいと思っているんだろ・・・ 妹に自分の殺意を隠すのは大変なのかな・・・」

ゼルセンの言葉が俺を蝕んでくる。
俺はゼルセンを黙らせるために瞬動で一気に近づき、魔力を溜めた拳で殴りつけていく。
しかし、ゼルセンは俺の拳を平然と受け止めると俺を投げ飛ばしてくる。

「君の拳は僕には通用しないよ・・・ 君は弱いから・・・」

ゼルセンの掌から赤い槍が大量に放たれる。
俺はそれをかわせず、大量の槍が俺の全身を貫いた。

Side なのは

ガジェットのようなロボットがわたし達に一斉砲撃をかけてくる。
しかも、わたしのバリアをすり抜けてくる。

「フェイトちゃん・・・ このロボット・・・」
「うん、なのは。 昔に見たことのあるロボットだよね・・・」

わたし達が五年前にガイアセイバーズの隊員として任務に就いた時に出たロボットに似てる・・・
エネルギー弾にAMFのような効力を加えてるみたいだ・・・

「どうしよう?」
「私が一気に殲滅して、なのはが司令機を落として!」

フェイトちゃんがガジェットのコピー型機体に接近すると、司令機を中心にAMFを展開した。
すると、フェイトちゃんのバリアジャケットが解除されて、地面へ向けて落下していく。

「フェイトちゃんー!!」

Side フェイト

私が空から落ちた?
自分でも信じられない・・・
私はこのまま死ぬんだろうか・・・

「バルディッシュ・・・」

まだAMFの影響があるのか、魔法が使えない。
けど、私の身体は地面に叩きつけられることはなかった。

「渡さん・・・」
「キシャァァァァァ!!」

渡さん、キバの飛翔体の姿になって、私を守ってくれたんだ・・・

キバの飛翔体(渡さん)は私を背中に乗せたまま、司令機に接近すると、一気に翼で司令機を切り裂いていった。
そのおかげで、AMFの影響が殆んどなくなり、バリアジャケットを着用することができた。
私となのははすぐさま、ロボット達を迎撃していく。
渡さんは私達の様子を見て、別の場所へ飛んでいった。


Side エリオ

僕がガジェットに弾き飛ばされたのはなんとなく覚えてる。
気がつくと、キャロが傍にいた・・・

「今まで不自由な思いさせててごめん・・・ ちゃんと制御するから・・・」

キャロの言葉にフリードは一鳴きして答えてた。

「蒼穹を走る白き閃光 我が翼となり、天を駆けよ 来よ、我が竜フリードリヒ 竜魂召喚!」

フリードが本当の姿に戻っていく。
暴走することなく、フリードを制御することができたみたい。

「あっ、えっと・・・」
「あっ、ごめん・・・」

僕もキャロも顔が真っ赤になってると思う・・・
ガジェットが僕達にビームを撃ってくる。

「フリード! ブラストレイ、ファイヤ!!」

フリードの火炎がガジェットを包み込んでいく。
けど、効いてないみたいだ・・・

「キャロ、あの装甲はフリードじゃ無理だよ。 僕が行く!」
「分かったよ、エリオくん」

キャロの言葉を受けて、僕はフリードの背中から飛び降りていく。

「我が乞うは 清銀の剣  若き槍騎士の刃に 祝福の光を」
『Drive ignition.』
『Enchanted Field Invalid.』

キャロが補助魔法を詠唱してくれてる。
これで、安心して攻撃に専念できる。

「猛きその身に 力を与える祈りの光を」
『Boost up・Strike power.』

「キャロ、行くよ!!」
「うん! ツインブースト・スラッシュアンドストライク!!」

『Empfang.(受諾)』
「はぁぁぁぁぁ!!」
『Stahlmesser.』

ストラーダから放たれた斬撃でガジェットの触手を断ち切ることができた。

『Explosion.』
「一閃必中」

ストラーダからカートリッジが二発射出されて、ストラーダの切れ味が爆発的に上昇して、ガジェットを真っ二つにしていく。
ガジェットが僕の背後で爆発した。

これで、任務も終わりかな。


Side スバル

レリックを無事に回収できて安心してたあたしは何かを感じて、森の中にウィングロードで入っていった。
しばらく森の中をウィングロードで走っていると、楓兄の姿が見えた。

「楓兄!!」

あたしの目の前には身体中に赤い槍が刺さった楓兄がいた。
こんなの嘘だよね・・・

「残念ながら嘘じゃないよ・・・ 確かに彼の死は確認したからね・・・」
「嘘だ! 楓兄は死なないんだから!!」

あたしの目の前にいるあいつはあたしの言葉を聞いて、呆れたような表情をして言葉を続けた。

「君が信じられない気持ちも分かるよ・・・ だから、君もあの世へ送ってあげよう・・・」

ゼルセンはあたしに近づくと、あたしの首を右手だけで絞めてきた。
その力にあたしの意識がだんだん遠くなっていく。

「あの世でお兄さんと楽しく暮らすと・・・」

急に、ゼルセンがあたしの首から手を離した。
息を整えながら視線を送ると、そこには血まみれの姿で仁王立ちしている楓兄がいた。

「君もしつこいなぁ・・・ いい加減・・・」
「ごちゃごちゃうるせぇんだよ・・・ 何、人の妹に手ぇ出してんだ・・・ 殺すぞ!!」

楓兄の表情は怒りに満ち溢れているみたいだ。
ゼルセンは楓兄の姿を見て、満足したような表情をして、消えた。

「スバル・・・ 無事・・・か・・・」

楓兄はそれだけ言うと、倒れてしまった。

第七話へ続く


次回予告

天道総司は機動六課の初出動に思うところがあり、さらなる味方を呼びつけることにした。
そして、機動六課の初めての異世界任務が舞い込んできた。

次回 スーパーヒーロー作戦 NEW MISSION IF (リリカルなのはStrikers Another Story) 第七話 「機動六課、海鳴へ!!」 Part-A

ぶっちぎるぜぇ!!


スポンサーサイト
リリカルなのはStrikers Another Story | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Love UG Boxing Episode-1 | HOME | 中野洋子VS高橋岬>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。