ひらひらの仕掛け屋敷

このブログはアニメや特撮、漫画についてのコメントやオリジナル女子格闘技小説を掲載したりしますよ♪♪

スーパーヒーロー作戦 NEW MISSION IF (リリカルなのはStrikers Another Story) 第七話 「機動六課、海鳴へ!!」 Part-A&スーパーヒーロー作戦 NEW MISSION IF (リリカルなのはStrikers Another Story) 第八話 「機動六課、海鳴へ!!」 Part-B



スーパーヒーロー作戦 NEW MISSION IF (リリカルなのはStrikers Another Story) 第七話 「機動六課、海鳴へ!!」 Part-A

   Side スバル

機動六課の初任務はなんとか無事に終わったけど、楓兄がゼルセンとの戦闘で大怪我をした。
あたし、楓兄の力になってあげられないのかな・・・

「そんなに、気に病むこともないでしょ。 楓さんならすぐによくなるわよ」
「うん、そうだね。 楓兄は大丈夫だよね。 よーし、今日も訓練頑張るぞ~」
あたしはそう言うと、訓練スペースへ走りながら向かった。
何か、もやもやを吹き飛ばしたかったから・・・


  Side ティアナ

全く、無理して・・・
楓さん自体はすでに回復しているが様子を見る意味でも1週間の間安静にしているように言われている。

「楓さんは強いんでしょ? だったら、大丈夫よ」
「違うんだ、ティア・・・ あたし、あの時、楓兄を助けられなかった・・・ それに、楓兄は無理してまであたしを守ってくれた・・・」

要するに、あんたは自分が楓さんのお荷物になってるって言いたいわけね・・・
呆れて物も言えないわ・・・

「あんたねぇ、楓さんはあんたよりも魔法使いとしてのキャリアや魔導師のキャリアがあるんでしょうが・・・ それを守るなんてわがままもいいところよ!!」

スバルがあんまりに酷い顔してるもんだからきつく言っちゃったじゃない・・・

「ティア・・・ あたし、わがままだよね・・・」
「えぇ、そうね。 けど、あの人はそんなスバルのお兄ちゃんでしょ。 信じてあげなさいよ」

あたしの言葉にスバルは落ち着いたのか、ゆっくりと頷いた。
まっ、気持ちは分からないでもないからそんなに言わないわよ。
とにかく、楓さん、退院したらゆっくり話をさせてもらいますからね!!


Side 紅渡

楓の怪我が完治してから3日経ったある日、僕は楓に頼まれて、楓と一緒に廃棄都市に現れたガジェットドローン?型を蹴散らしている。
基本的に、ガジェットドローンは僕達と比べると大したことはない。
正直、楓が僕をこんな任務に呼ぶのには理由があるはずだ。

「楓、どうして僕を呼んだの!?」
「ちょっと、話があるからだ・・・よ!!」

僕達は話しながら、次々にガジェットを破壊していく。

ガジェットを全て破壊し終わると楓は近くの岩に腰掛けながら、今、自分が思っていることを話し始めた。

「俺がゼルセンにやられたことでスバルが悲しんでたろ・・・ あの顔見てたらさ、俺があいつを追うことがいけないことのような気がしてきたんだ・・・」
「要するに、楓はスバルちゃんを悲しませたくないから復讐を諦めるってことだね?」

僕が楓を見ると少し暗い表情で頷いていた。
でも、僕が出せる答えは一つだけだ。

「楓がしたいようにすればいいんじゃないかな。 スバルちゃんに心配をかけないようにしてさ」
「だな。 悪かったな、渡」

そう、僕は楓に止まることを提案することもできない。
だって、楓の想いをよく知ってるから・・・


  Side 正木俊介

「要するに、私達、ソルブレインやウィンスペクターの力が必要だということだな?」
『あぁ。 後は機動刑事シバンとG3ユニットの面々を連れて来てくれると助かるな』

私が追っている秘密結社の首領、トライバル・エンドが異世界にいると聞いた時は驚いたがチャンスが来たのは間違いないだろう。
異世界でトライバル・エンドを逮捕するなりすれば、我々の世界での犯罪は減るはずだからな。

『答えは決まっているんだろう』
「もちろんだ。 すぐにでも合流地点へ向かう。 異世界とはいえ犯罪者を放っておくわけにはいかん。 我々は警察官なのだから」

私の答えに通信越しに天道は笑ったように感じられた。
私より年下の天道に考えを読まれるとはまだまだだな・・・
早速、行動に移るとするか!


Side カリム

今、私は機動六課部隊長であり私の妹のような娘でもあるはやてと話をしている最中である。

『そんな話が出てるんやね。 それは本局からの依頼なん?』
「そうなのよ。 私も六課は動かせないって言ったんだけど、レリックの疑いもあるからって」

私達、聖王教会の騎士も動けない。
だから、私が後見人になっている機動六課に依頼されたというわけなの。

『それやったら丁度ええわ。 天道くんらも地球に帰るって言っとったからうちらも同行する形でその任務引き受けるわ』
「ありがとう、はやて」

私がお礼を言うとはやては手を振りながら笑ってくれた。


side スバル

なのはさんから出張任務のことを聞いて、準備をしてるとこです。

「スバル、準備できた?」
「うん、できたよ、ティア。 っていうか、ティアかわいいねぇ」

あたし達は今、ガイアセイバーズの航行戦闘艦、ヴェルディーガが停船してる六課隊舎にある海辺に来ている。
機動六課に来た異世界での出張任務に天道さん達も一緒に来てくれることになった。

「みんな~ お待たせや~」
「「「「八神部隊長!!」」」」

八神部隊長やシグナム副隊長達まで行くんですか?

「まぁ、部隊の指揮はグリフィス君に任せるし、ザフィーラや次狼さんらが守ってくれるから大丈夫やろ」

次狼さん達とは渡さんの仲間だって聞いてる。
渡さんが信頼してるんだし、とっても強いんだろうなぁ。

「次狼さん達は何度も僕を助けてくれてるし、ザフィーラさんとは仲いいから大丈夫だと思うよ」
「確かにザフィーラと次狼さんって仲いいですよね。それはそうと、渡さん、そのケースは何なんですか?」

あたしがそう聞くと、渡さんは優しく微笑みながら答えてくれた。

「僕の大切な人に渡す贈り物だよ」
「そうなんですか。 もしかして、恋人さんですか?」

あたしの質問に渡さんは笑顔で答えてくれた。
渡さんって凄く素直な人なんだなぁ・・・


Side エリオ

地球に来る間、ガイアセイバーズの皆さんからいろいろな話を聞いた。

「でも、楓兄と渡さんが出会った時の話はびっくりしたよね。 だって、渡さんと楓兄が本気で戦ったって言うしさ」
「そうね。 あんなに仲良くしてるのにね」

スバルさん達は楓さんについていろいろ知ってるみたい。
けど、僕はまだ何も知らない。
この出張任務で楓さんやガイアセイバーズの皆さんのことを少しでも知れればいいなぁ・・・


Side 氷室楓

渡からすずかがまた狙われてるって聞かされて、俺は正直驚いている。
しかも、狙っている野郎が六年前に渡が逃がしてやったファンガイアだとはな・・・

「紅渡、お前はどうする?」
「ファンガイアの対処ですか? 前にも警告はしましたよ・・・ 二度目はないです・・・」

エヴァンジェリンの言葉に渡はいつもは見せない表情で答えていく。
こいつには俺と同じ想いはさせねぇ・・・


Side すずか

渡さん達がこの街に来る。
渡さん、私の大切な人・・・

「すずか、そんな心配しなくても無事に来るわよ。 すずかは渡さんに少しでも早く会いたいんでしょ?」
「うん・・・ 会いたい・・・」

私がそう呟くとアリサちゃんが呆れた顔で私を見てくる。
でも、気にならない。
だって、私の胸の中は渡さんでいっぱいだもん・・・

「あっ、はいはい・・・ 来たみたいよ」
「ほんとだね」

私達の目の前に巨大な戦艦が現れた。
私の親友や大切な人が所属している、ガイアセイバーズの戦闘艦ヴェルディーガというの。

「すずかちゃん! 久しぶりだね!!」
「渡さん!! お久しぶりです!!」

私が渡さんに駆け寄って、抱きつくと渡さんはしっかりと受け止めてくれた。
久しぶりの渡さんのぬくもり・・・
幸せ・・・


Side アリサ

すずかと渡さんが抱き合っている間、あたしは天道さん達と話していた。
今、すずかやあたしの周りで起こっていることを・・・

「なるほどな。 だから、紅があんな表情をしてたのか。 ところで、この辺りに赤い母艦のようなものが来てないか?」
「来てるわよ。 この湖に着水してるわ」

あたしが視線を送った先に赤い母艦が止まっている。
なんでも、あれは特装救急警察ソルブレインという警察の特別チームの母艦らしい。

「そうか。 なら、さっさと話をしてくるか」

天道さんはそう言うと、ソリッドステイツのある場所へ向かった。


Side フェイト

ガイアセイバーズの皆さんと一緒に地球に、海鳴に帰ってきて、今はエリオやキャロとサーチャーの設置をしている。

「あの、フェイトさん。 フェイトさんはどうしてガイアセイバーズに所属してるんですか?」
「エリオはどうしてだと思う?」

私がすぐには答えず、エリオに聞き返すとエリオは一生懸命考え始めた。

「サーチャーを設置してる間に考えてみて、エリオ」
「はい、フェイトさん」

エリオの元気一杯な返事を聞いて、私は嬉しくなってくる。


Side 倉澤(マンティスファンガイア)

今度こそあの小娘を利用してやる。
この左目と胸の傷の借りは必ず返してやる。

「待ってろよ、キバ・・・ てめえに吠え面かかせてやる・・・」

俺は計画の実行のためにある男に会いに行くことになっている。


Side トライバル・エンド

「来ましたか・・・」
「あぁ、来てやったぜ・・・ 俺に力を貸すってのは本当かよ・・・」

わたしは目の前にいるファンガイアの男、倉澤さんの言葉に頷いていく。
そして、魔導陣から大量のファンガイアやワーム達を呼び出していく。

「今回はキバだけではガイアセイバーズのメンバーもこの地に来ています・・・ それなりの頭数を揃えておかなければ勝てるものも勝てませんよ・・・」
「まったくだな・・・ ありがたく借りてくぜ・・・」

倉澤さんはそう言うと、ファンガイア達を連れて、わたしの下を後にした。
さて、わたしも動くとしましょうか・・・


第八話に続く


次回予告

海鳴市での出張任務に来た機動六課とガイアセイバーズを待ち構えていたのはマンティスファンガイア、倉澤だった。
倉澤は再びすずかを狙い、猛威を振るう。
その時、渡の怒りが爆発する。

はたして、出張任務は無事に終わるのか?

次回

『スーパーヒーロー作戦 NEW MISSION IF (リリカルなのはStrikers Another Story) 第八話 「機動六課、海鳴へ!!」 Part-B』

ご期待ください



スーパーヒーロー作戦 NEW MISSION IF (リリカルなのはStrikerS Another Story) 第八話 「機動六課、海鳴へ!!」 Part-B

 Side 登太牙

久永からの報告でまたしても渡の恋人が狙われていることが分かった。
だからこそ、俺も海鳴市にやって来た。

「この街に来るのは初めてだな。 さて、渡に会うとするか」

そう言うと、俺は以前聞かされていたアリサちゃんの所有しているコテージへ向かうことにした。


Side 西尾大樹

本部長と天道君の話を聞いた後、俺達は海鳴市を探索している。

「隊長、今回の仕事は落とし物探しなんですよね?」
「あぁ、そうだ、純。 事件性はないが事件に発展する可能性もあるからな」

俺と話しているのはソルブレイン隊員の増田純だ。
純とはソルブレイン解散以来の再会である。

「しかし、本部長がトライバル・エンドを追うと決めた時はびっくりしましたよ」
「確かにな。 でも、本部長も思い切ったことをしたよな。 警視庁が隠し持っていたものを使おうなんて考えたんだから」

大樹の言葉に純も頷いていく。
そして、海鳴市での捜索を続行していく。


 Side ティアナ・ランスター

スバル・・・

「なぁに、ティア?」
「あんた、今何してるか、分かってる・・・」

私を見るスバルの表情は明らかに今の状況を理解してないわね・・・

「だって~ すっごく美味しそうなんだよぉ~」
「そんな顔して言ったって駄目よ。 任務中なんだから我慢しなさい!」

ティアの鬼~とか言ったって無駄よ!
ほら、さっさと任務の続きするわよ!!


 Side 天道総司

ここまではトライバル・エンド達に大きな動きはなかった。
けど、奴のことだ。
そろそろ動いてくるだろう。

「ところで、天道。 俺達は何してりゃいいんだ?」
「適当に休んでればいい。 俺達にとってはロストロギアのことは専門外だからな」

加賀美と話しながら俺はトレーニングをしている。
加賀美はそんな俺を見ながらのんきに昼寝してやがる。
他のガイアセイバーズメンバーもそれぞれに行動している。
さて、トレーニングの続きでもするか。


Side 高町なのは

私は今、スバルとティアナ、リインと一緒にロストロギアを探している。

「でも、なのはさんの住んでた街もとってもいい雰囲気ですよね! ねっ、ティア!!」
「それはそうだけど落ち着きなさい、スバル。 なのはさんが少し困ってるでしょ」

ティアナ、スバルが少し涙目になってるよ・・・
まぁ、今はお仕事中だし、二人とも気を引き締めてね。

「でもでも、今回のロストロギアが危険なものじゃなくて良かったです。 これで安心して任務に集中できるですね」
「そうだね。 ティアナもスバルもこの街はどうかな?」

私がそう聞くと二人は一瞬きょとんとした顔をしてから笑顔で答えてくれた。
それが嬉しくて自然と笑顔になってるのが分かる。


 Side トライバル・エンド

我々を探っている警察官がまだいたとは・・・
思いもしませんでしたね・・・
だが、今回この世界に来たのはガイアセイバーズの抹殺のためですからね・・・
せいぜい、楽しませてくださいね・・・


 Side 氷室楓

渡と一緒にすずかにちょっかい出してる野郎の捜索をしている。

「にしても、今回のことは間違いなく俺達を挑発してるわけだよな」
「だね。 あのファンガイアはトライバル・エンドが裏で操ってるはずだ」

渡の表情には少し焦りが見える。
っていうか、渡は相変わらずすずかに惚れてるってわけかよ。
殺気出しすぎだぜ・・・

「あいつは僕を怒らせた・・・ 二度目はない・・・」
「だろうなぁ・・・ そのファンガイアには同情を禁じ得ないぜ」

冗談も駄目か・・・
こりゃ、相当だな。


 Side フェイト・T・ハラオウン

なのは達を迎えに行ってから私達ははやて達のいるコテージまで戻ってきた。

「なんだか、いい匂いがしますね」
「うん、ほんとだね。 はやて達が何か作ってるのかな?」

私がそう言うとなのはも頷いていた。
じゃあ、はやて達の所に行こうか。


 Side 八神はやて

いや~
やっぱり、料理を造るのは楽しいわ~

「相変わらずだな、八神は」
「そう言う天道くんはどうなんや?」

うちがそう言うてもまったく気にすることなく調理していく天道くんを見とると自分が小さく見えるわ。 うちも見習わななあかんわ・・・

「しかし、ダーククライムが何も仕掛けてこないのは妙だな・・・」
「あれちゃうん? 休業中っていうやつ」

うちの言葉に天道さんは笑いながらも別のことを考えとる・・・
時々、見せる表情やもん・・・
まったく・・・
うちが分かってへんとでも思てんのか・・・

「あれやな。 こんなこと話しとらんと料理作ってまお?」
「そうだな・・・ フォワード達が戻ってくるからな」

うちと天道くんは黙々と料理を作っていく。


 Side スバル・ナカジマ

あたし達はフェイトさんが運転する車で待機場所まで戻ってきました。

「スバル!」
「楓兄! ただいま!!」
「ただいまは変だろ、スバル」

あたしと楓兄の会話はキャロとエリオも慣れたのか、凄く羨ましそうな顔で見てて、ちょっと恥ずかしいよ。

「ほら、八神部隊長に報告しに行くわよ」
「あっ、はい!!」
「今行きます!!」

ティアが凄く辛そうな顔してる・・・

「うん! ティア!!」

だから、あたしがティアを元気づけてあげなきゃ!!
あたしはティアが呼んだから返事をしてティアのところに行った。



スポンサーサイト
リリカルなのはStrikers Another Story | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<彩 Aya 別章  『漆黒の風神』(後編) | HOME | スーパーヒーロー作戦 NEW MISSION短編SS-4 洋子と茜の出会い>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |